手回し ソーラー蓄電ラジオ Chardio(チャージオ)(クマザキエイム)

防災用のラジオ、電気や電池がなくても手回しで蓄電、スマホの充電もできます。

ラジオは、地震や豪雨など、万が一、災害に見舞われた場合の大切な情報源の一つです。

最近の日本列島はどこで何が起こるかわからない状態です。ラジオは防災グッズの一つとして、すぐにでも用意をしておきたいところ。

ただラジオは通常、電気や電池を使って稼働させるもので、災害時に電気や電池が使えない可能性を考えると少々不安な面もあります。

そこで今回は、手回しで蓄電できる機能を備えたラジオをご紹介します。ラジオを聞くことができるほか、スマホへの充電などもできるので、防災グッズとして最適です。

手回しで発電・蓄電できる防災用のラジオ、手回しのほかソーラー発電、USB充電にも対応しています。

電気が使えなくても、乾電池が切れてしまっても、ハンドルを手回しすることで、発電・充電できる機能を備えたラジオが、手回し ソーラー蓄電ラジオ Chardio(チャージオ)という商品。クマザキエイムから発売されています。

ラジオとしては、AMとFMの双方を聞くことができ、FMについてはワイドFMにも対応。災害時の貴重な情報源になるラジオです。

このラジオ、商品名に「ソーラー蓄電」とある通り、手回しのほか、ソーラーパネルを搭載していることで、ソーラー発電。さらに、USBケーブルが付属しており、コンセントやパソコンなどからも充電できるようになっています。

手回し ソーラー蓄電ラジオ Chardio(チャージオ)、のおすすめポイントは、
・電気や電池がなくても手回しで発電できること。
・ソーラーパネルも搭載していること。
・ラジオのほか、懐中電灯、SOSアラーム、スマホへ充電もできること。
・AM、FM双方に対応していること。
・付属のUSBケーブルを使えば、コンセントからも充電できること。

ラジオだけではなく、スマホへの充電、懐中電灯やSOSアラームとしても使えます。

ソーラー蓄電ラジオ Chardio(チャージオ)のおすすめポイントとなるのが、ラジオ意外にも使い道があり、それぞれ万一の際に役立つこと。

例えば、スマホへの充電。災害時にはラジオ同様に、貴重な情報源や連絡手段となるのがスマホです。

肝心なときに充電切れを起こしがちなスマホも、このChardio(チャージオ)があれば安心、というわけです。

また、このほか、懐中電灯や読書灯、さらにはSOSアラームなど、1台で5役の機能を搭載。災害時に必要なものばかりで、非常に心強いといえます。

考えたくはないですが、万一が身近に起こりやすい昨今。もしものときのために備えておきたい、手回し ソーラー蓄電ラジオ Chardio(チャージオ)です。

※商品名 手回し ソーラー蓄電ラジオ Chardio(チャージオ)(クマザキエイム)
・セット内容 本体、USBケーブル、取扱説明書(保証書付)、ストラップ(フック付、本体に装着済)
・電源 内蔵リチウムイオン充電池=3.7V/2000mAh/乾電池:単4形乾電池3本使用=DC4.5V(DC1.5V×3本)
・定格出力|5.1V/700mA
・消費電力(最大) 3W
・充電時間 USB:4時間/ソーラー:70時間(※理論値)/手回し:7時間(130~
150回転/分)
・端子|入力:micro USB(メス)、出力:USB-A(メス)
・ラジオ受信周波数 AM:520~1710kHz/FM:76~108MHz
・懐中電灯 形式:LED、照射効率:1W(30ルーメン相当)
・読書灯 形式:LED(4基)、照射効率:1W
・防水等級 IPX-3
・サイズ 幅53×高74×奥157mm(突起物除く)
・重量 310g(乾電池含まず)
・カラー ブラック × オレンジ
・材質 ABS、PC、PVC
・USBケーブル 長さ:480mm/端子:micro USB(メス)、USB-A(メス)
・商品型番 SL-090
・JANコード/ISBNコード 4515997002099

人気の記事

  1. シルキータンブラー スタンダード 大(大阪錫器)
  2. サーフボードにペイントのコツ
  3. シンブンクリップ(リアライズ)
  4. ムダ汗指圧バンド 汗止め帯(アドフィールド)
  5. クビンス サイレント ジューサー

アーカイブ

PAGE TOP