iPhoneカードリーダー 400-ADRIP010W(サンワ)

iPhone内の写真を、充電と同時に自動でバックアップしてくれるiPhone用の便利なグッズ。

iPhoneの中に保存してある写真や動画、連絡先のデータなどは、定期的にバックアップして、iPhone本体とは別の場所に保存しておくべきです。

とはいえ、データのバックアップというと、慣れている方にとってはどうってことのない作業でも、この手のことは不得手という方にとっては少々ハードルが高いのも事実です。

そこで今回は、iPhoneの中にある写真や動画、連絡先のデータを自動でバックアップしてくれる便利なグッズをご紹介します。

これを使えば、iPhoneを充電する際にこれらのデータを自動でバックアップしてくれるようになります。もちろん、複雑な操作も不要な、便利な商品です。

充電する際に、同時に、自動で写真や画像をバックアップ保存してくれる「iPhone カードリーダー 400-ADRIP010W」。

iPhone購入時についてくる純性の充電用のACアダプタと、やはり同時についてくる純性のケーブル。通常であれば、この2つをつないで、iPhoneを充電するわけです。

ところが、このACアダプタとケーブルの間につなぐことで、充電時にiPhone内の写真や連絡先などのデータを自動でバックアップしてくれるのが、iPhoneカードリーダー 400-ADRIP010W、という商品。サンワダイレクトから発売されています。

仕組みとしては、このカードリーダーの中にSDカード(別売り)を入れておくことで、充電時に自動でSDカード内にデータが複製され、バックアップが取れるというわけです。

iPhoneカードリーダー 400-ADRIP010W、のおすすめポイントは、
・充電と同時に、写真や連絡先を自動で保存してくれること。
・アップルのMFi認証を取得していること。
・無料のアプリが用意されており、復元も簡単にできること。
・バックアップや復元に、パソコンが必要なくなること。

製品自体は、アップルの認証も取得しており、安心して使うことができます。

iPhone内のデータのバックアップに、パソコンは不要、クラウドなどといった難しいこともありません。

このカードリーダーの特徴は、とにかく操作が簡単なこと。

通常、iPhone内にある写真や連絡のデータをバックアップするためには、パソコンを使ったり、クラウドを使ったりするものです。

ただこれらの作業は、この分野が苦手という方には少々ハードルが高いものです。

その点、このカードリーダーの場合、純正のACアダプタとケーブルにつなぐだけで、あとは充電時に勝手にデータをバックアップしてくれるので、非常に簡単な作業で済むわけです。

もちろん、手持ちのiPhoneと連携させたりなどの初期設定は必要になりますが、iPhoneの画面に表示される手順通りに進めればよいだけなので、さほど心配はいりません。

バックアップしたデータの確認や復元は、専用アプリを使って簡単にできます。

このカードリーダーには、専用の無料アプリが用意されています。

このアプリには、SDカード内に保存されたデータをiPhoneで見ることができる機能や、また、iPhoneにデータを戻したいときのため復元機能がついています。

データの確認や復元などの操作が、パソコンを一切使わずにできる、というわけです。

もちろん、本カードリーダーをパソコンに直接挿し込めば、通常のカードリーダーとしても使えるようにもなっています。

万一、iPhone本体が故障してしまった場合のために、データをバックアップしておきたい。けれど、何やら難しそう、そういった方には、このカードリーダー、簡単に使えておすすめです。

※商品名 iPhoneカードリーダー 400-ADRIP010W(サンワ)
・サイズ W25×D26×H28mm
・重量 約16g
・カラー ホワイト
・インターフェース USB Aコネクタ メス×1、USB Aコネクタ オス×1
・スロット microSDスロット×1
・対応iPhone iPhone X・8・8 Plus・ 7・7 Plus・SE・6s・6s Plus・6・6 Plus・5s・5c・5
・保証期間 ご購入日より6ヶ月
・取扱説明書 日本語取扱説明書あり
・JANコード/ISBNコード 4969887539774

人気の記事

  1. 米とぎ器、銀しゃり名人(サンケイ)
  2. D-STYLIST スモークインフューザー
  3. ペンブランド ボードスティックス
  4. コーヒー用マイボトル カフア コーヒーボトル 
  5. フィルムスキャナー 400-SCN024

アーカイブ

PAGE TOP