家具転倒防止 ふんばりくん Z(新工精機)

天井と家具の間に設置する転倒防止グッズ、隙間が狭くても強力に固定できます。

地震大国である日本では、日頃から大きな地震への備え、対策をしておくべきです。地震で揺れたときに、家具が転倒しないしておくこともその一つです。

家具の転倒防止対策グッズも様々な種類が販売されていますが、少々困るのが、本棚のように背の高い家具の場合です。

本棚のような背の高い家具の場合、天井との隙間が非常に狭いことが多く、そうなると、高さのあるツッパリ棒的なものは設置できません。

また、壁と背面を固定しようとしても、一度収納してしまったものを全て取り出して、作業するというのも、これまた手間が掛ります。

そこで今回は、天井と家具の間が狭くても設置できる、転倒防止グッズをご紹介します。

これを使えば、たとえ10cmほどの隙間しかなくても、家具と天井をしっかりと固定できるようになります。

ジャッキ式の家具転倒防止グッズ、ハンドルを回すだけで、家具と天井がしっかりと固定できます。

6cm×25cmほどの固定板が2つ、この2つの固定板がハンドルを回すことで広がり、天井と家具をしっかりと固定するというのが、新工精機から発売されている、ふんばりくん Zという商品です。

ふんばりくん Zは、いってみればジャッキ式の転倒防止グッズ。家具と天井の隙間が10cm~20cmと狭い場合に使えるのが特徴です。

ふんばりくん Z、のおすすめポイントは、
・狭い隙間用の転倒防止グッズであること。
・ジャッキ式で、ハンドルを回すだけで設置できること。
・固定面がウレタン素材なので、設置面に傷がつかないこと。
・最大で800kgの圧力に耐えられること。

ふんばりくん Zは使い方が簡単なのが特徴の一つ。本体付属のハンドルを回すだけ。ハンドル回すことで、上の固定板が天井方向の向かって持ち上がる仕様。

煩わしい作業や、他に工具を用意することなく、簡単に設置できる反面、800kg程度の圧にも耐えられるほど、家具と天井を強力に固定してくれます。

接地する面は柔らかいウレタン素材、家具にも天井にも傷がつきません。

ふんばりくん Zは、天井と家具を2つの固定板で支える仕様になっています。本体素材にはスチールが使われており、全体的な強度は高めに設計されています。

反面、固定板は、転倒防止の役割と担っているため、当然ながら強い力がかかります。そうなると、気になるのは天井や家具に傷や跡がつかないかどうか。

この点、ふんばりくん Zの固定板の表面は柔らかいウレタン素材が採用されており、家具や天井に傷や跡が残りにくいようになっています。

いつどこで地震が起きてもおかしくない日本、防災グッズなどの準備はしていても、家具の転倒防止対策などは忘れがちです。

万一の際に、本棚が倒れてきたとなれば、命にもかかわります。ふんばりくん Zのような転倒防止グッズを使って、備えを万全にしておきましょう。

※商品名 家具転倒防止 ふんばりくん Z(新工精機)
・商品種別 家具の転倒防止グッズ
・家具と天井の間の寸法 10cm~20cm、
・家具・天井への設置面(固定板) 6×25cm
・素材 アルミ、鉄、ABS樹脂、ウレタン
・耐圧 800㎏
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード 4988899000270

人気の記事

  1. コードレスお風呂スピーカー フロ・スマ(ドンキーボックス)
  2. かかとパカパカしな~い!(メイダイ)
  3. 傘を持ってもカバンが邪魔にならない、ランブレラ。
  4. ボタンつけ道具、ticの正しい使い方。
  5. イチロー マッサージ

アーカイブ

PAGE TOP