スペーススリム2(キクロン)

洗濯用のハンガー、伸縮するタイプなら、干す際にも収納する際にも便利です。

洗濯用のハンガーも様々な種類が販売されていますが、洗濯用のハンガーに求められるものは、使いやすさと収納のしやすさです。

例えば、干す洗濯物の量に応じて、ハンガー自体が伸縮したり、また、使わないときには邪魔にならないようにコンパクトにできれば、非常に便利です。

そこで今回は、そういったハンガーの使いやすさにこだわって作られた洗濯用のハンガーをご紹介します。

これを使えば、ごく普通の洗濯用のハンガーに比べて、格段に使い勝手が良くなります。

全体が伸縮する洗濯用のハンガー、テレビ通販やネット通販で人気の「スペーススリム 2」。

一般的な洗濯用のハンガーと異なり、アルミのフレームを格子状に組んだ形で自在に伸縮できる洗濯用ハンガーが、キクロンから発売されている、スペーススリム 2という商品。様々なメディアで紹介され、ネット通販、テレビ通販で人気の洗濯用ハンガーです。

このスペーススリム 2の特徴は、ハンガー全体が伸び縮みするように作られていること。30ピンチがついていながら、広げると最大103cm、縮めると8cmの薄さにまでなります。

もちろん、任意の幅で使えるようになっているので、洗濯物の量やスペースに合わせてサイズ調節ができます。

スペーススリム2、のおすすめポイントは、
・ハンガー自体が伸縮すること。
・フックが3つなので、掛け方を問わず安定すること。
・付け替え用のピンチが別売りで用意されていること。
・限られたスペースを有効に使えること。

最小で8cmに幅にまで縮められることで、便利なのが使わないときや収納時。見た目も大きさともに、洗濯物用ハンガー特有のうっとうしさが無くなります。

掛け方次第で使い方は様々、取り替えようのピンチも別売りなので安心して使えます。

このスペーススリム2は、前述したように横全体に伸縮させられる仕組み。

そのため、洗濯物の量に応じて幅を決めることはもちろん、ジャバラの形に干したり、またハンガーの上に枕やクッションを乗せられるなど、用途に応じた使い方ができます。

また、フックとハンガー本体が直接ついているため、従来のハンガーよりも洗濯もが高い位置で干せるのも便利。バスタオルやシーツを干しても、場所によっては、下につくことがありません。

また、フックが3つというのも珍しく、物干し竿に掛ける際に安定するため、洗濯物を干したらどちらかに傾いてしまった、ということもなくなります。

ラインナップはピンチ数の違いで2種類が用意されており、ピンチ30個とピンチ14個版。

もしピンチだけが壊れてしまった場合には、取り替えようのピンチも別途発売されているので、ハンガー自体を買い替える必要はありません。
バランスを気にせず

洗濯用ハンガーは毎日使うだけに、使いやすさをとことん追求して作られたスペーススリム2、使ってみたくなる逸品です。

※商品名 スペーススリム2(キクロン)
・商品種別 洗濯用伸縮ハンガー
・ピンチ数 30個
・サイズ 80×270×490mm
・重量 490g
・材質 アルミ、ポリプロピレン、ポリアミド、ポリカーボネート、ポリプロピレン、硬鋼線
・備考 ほかに14ピンチのタイプあり
・JANコード/ISBNコード 4548404400423

人気の記事

  1. 熱に強いサーフワックス
  2. memobottle A5版(メモボトル)
  3. マニフォールドのハンドメイド 掛け時計。
  4. ウォレット忍者
  5. いつでも飲み頃 卓上ワインクーラー1本用(サンコー)

アーカイブ

PAGE TOP