住宅用消火器 キッチンアイ(モリタ宮田工業)

家庭用の消火器の選び方のポイント、使った後の後片付けのしやすいかどうかも考えるべきです。

家庭での火災に備えて準備しておくべきものが消火器です。とはいえ、消火器にも様々なタイプが発売されており、実際どれを買えばよいのかは悩むところです。

消火器を家庭に置く際に選び方のポイントとしては、消火機能、使いやすさはもちろんのこと、万一、使った際にその後の片付けのしやすさなども考慮に入れたいところです。

そこで今回は、後片付けを簡単に済ませられる家庭用の消火器をご紹介します。

これを使えば、噴射されるのは液体であり、しかもその液体は食品原料由来。使った後でも、拭き取ればよいだけなので、家庭用の消火器としておススメです。

液体を噴射させるタイプの家庭用の消火器、粉末と違い、後片付けが格段に楽です。

消火器には粉末を噴射させるタイプと、液体を噴射させるタイプがあります。

どちらかというと、粉末の薬品を噴射させて火を消し止めるというのが、一般的なイメージでしょうか。

ところが、粉末を噴射させた場合、大変なのがその後。片付けが非常に大変です。ごく微細な粉末は、拭いても拭いても取り切れず、考えただけでもゾッとします。

それに比べて、液体タイプであれば、液状のものが噴射されるだけなので、後片付けもサッと拭き取るだけ。これを実現したのが、住宅用消火器 キッチンアイ、という消火器。モリタ宮田工業から発売されています。

住宅用消火器 キッチンアイ、のおすすめポイントは、
・液体を噴射させる消火器なので、使用後の手入れが簡単なこと。
・酢がベースに作られており、身体にやさしいこと。
・対象物に対する冷却効果があること。
・家庭用にオシャレでスタイリッシュにデザインされていること。
・住宅防火安心マークを取得していること。

このキッチンアイは、一般家庭用の消火器として商品化されたもので、ストーブ火災、電気火災、キッチン内の油火災などに対して使えます。

しかも、消火と同時に冷却効果もあり、天ぷら油に火がついた場合には、さらなる効果を発揮します。

噴射させる液体は食品原料、後片付けはもちろん、人にも環境にもやさしい。

この住宅用消火器 キッチンアイのさらなる特徴が、充填されている液体が、食品原料で作られていること。

お酢などをベースに、食品原料を使うことで、人間の身体にも、環境にも配慮された消火器ということができます。

元々液体を噴射させるタイプであることに加えて、食品原料が素材になっていることで、使用後もふき取るだけで済ませられるようになっている、とういわけです。

スタイリッシュでオシャレなデザインの消火器、消火器特有の野暮ったさがありません。

家庭に消火器を置く際には、いつでも使える場所に置いておくのが鉄則です。

となると、目に見えるところに置いておくことになりますが、そうなると気になるのが、見た目、デザインです。。

一般的な消火器のイメージというと、赤くて重くてどっしりとした感じ。どちらかといえば、野暮ったい感じ。

その点、このキッチンアイは、見た目もスタイリッシュなデザイン。野暮ったいどころか、かえってオシャレといえるほど。部屋の景観を害することがありません。

万一の火災に備えて準備しておきたい消火器。家庭用であれば、使いやすさ、消火能力はもちろん、使ったあとのことも考えておきたいもの。そういった意味でも、キッチンアイ、おすすめです。

※商品名 住宅用消火器 キッチンアイ(モリタ宮田工業)
・型式番号 消第27~17号
・消火薬剤 強化液(中性)1.0L
・適応火災 普通・天ぷら油・ストーブ・電気
・使用温度範囲 -20℃~+40℃
・総質量 約2.2kg
・サイズ 高さ376×幅146cm×胴径85mm
・放射時間 約12秒
・放射距離 4~6m
・カラー 4種類(ルビーレッド、エメラルドグリーンなど)
・JANコード/ISBNコード 4589998361264 ほか

人気の記事

  1. アルコール性マーカー、カメレオンペン
  2. 木製ジグゾーパズル
  3. スマホッチ SMAP-10TC(ランドポート)
  4. ピーターラビットグッズ 木製パズル 
  5. プラゴ PLUGO (家庭用コンセントタップ)

アーカイブ

PAGE TOP