指先が使える手袋 スライドタッチeks(ミドリ安全)

スマホ操作が簡単にできる穴あき手袋、指を出しても入れても使えるので作業用の手袋として最適です。

手袋をしているときに、スマホの操作が必要になる場合があります。一般的な手袋であれば、手袋をしたまま画面をタッチしても反応せず、そうなると、スマホを操作するたびに手袋を外さなくてはなりません。

一報、最近では、穴あき手袋といって指先だけを出したままにできる手袋もあるにはあります。

ところが、これだと作業している際に指先を守ることができず、また、寒い時期には指先が冷たくかじかんでしまいまうs。

そこで今回は、穴あき手袋ながら、指先を出したままでも、入れたままでも使える手袋をご紹介します。

これを使えば、手袋をしたままでも、指先だけを出し入れできるので、場面に応じて使い分けができるようになります。

スマホ操作やタッチパネルの操作も楽々できる作業用の手袋「指先が使える手袋 スライドタッチeks」。

親指、人差し指、中指、この3本の指を出したままでも、入れたままでも使える手袋が、指先が使える手袋 スライドタッチeks、という手袋。ミドリ安全から発売されています。

指先をパイプ編みといって特殊な編み方をすることで、指先を自在に出し入れできるようにしたのが特徴の手袋。何かしらの作業中に、スマホやタッチパネルなどを操作することが多い方には、便利な手袋です。

指先が使える手袋 スライドタッチeks、のおすすめポイントは、
・スマホ操作ができる穴あき手袋であること。
・穴あき手袋ながら、指を入れても使えること。
・手のひら部分は滑り止め加工がしてあること。
・発熱作用のある繊維を使用しているため、温かいこと。
・反面、蒸れにくいこと。
・消臭機能を備えていること。

このスライドタッチeksは、作業中に使うことを想定して作られているため、手のひら部分は滑り止め加工が施されており、その点も使いやすい仕上がりになっているといえます。

発熱作用のある繊維を使用しているので、冬場でも手が温かいのがありがたい。

このスライドタッチeskのもう一つの特徴が、繊維自体が発熱する機能をもった特殊なものを使用していること。

一般的な繊維を使った場合、手袋をしていると手が暖かく感じるのは、身体の熱を利用して、それを保温するというメカニズム。

ところがこれだと、手や指先が冷たい方の場合、なかなか暖まりません。

その点、この手袋に採用されている繊維は、繊維自体が熱を発するため、手が冷たくても手袋の中は暖まるようになっています。

さらに、水分を吸収する、いわゆる吸湿性も備えているため、発熱する一方で、手袋の中が蒸れにくくなっています。夏場にこの手袋を装着しても、乾いた感じで涼しく感じるほど。

さらに、消臭効果も備えているので、汗をかく作業の際にもってこいの手袋といえます。

手袋をしたまま、スマホを操作したい、タッチパネルを操作したい方、指先が自在い出し入れできる、これまでにない穴あき手袋、スライドタッチeks、おすすめです。

※商品名 指先が使える手袋 スライドタッチeks(ミドリ安全)
・素材 手袋本体:合成繊維(アクリレート系繊維)、ナイロン、ポリエステル、ゴム/すべり止め部:塩化ビニール
・サイズ 2種類(M・L)
・カラー グレー、デニムブルー、オレンジ、イエロー

人気の記事

  1. ウォレット忍者
  2. 綿100%で汗を染みなせない機能性を実現したワイシャツ
  3. 屋外 プリザーブドフラワー 仏花
  4. マルチツール SWISSTECH(スイステック)のユーティリキー 6-in-1
  5. 小型防犯カメラ 400-CAM062(サンワダイレクト)

アーカイブ

PAGE TOP