スマート指紋認証ロック PDL-1(フロンティアファクトリー)

自転車の鍵の選び方、指紋認証で開けられれば、鍵を持ち歩く必要はありません。

「鍵を失くした」「鍵を開けるための暗証番号を忘れた」というのは、自転車の鍵にありがちなことです。

鍵を差して開けるタイプ、暗唱番号を使って開けるタイプ、ともに紛失したり、忘れてしまうことで、鍵が開けられなくなると非常に不便です。

そこで今回は、指紋認証型の鍵をご紹介します。予め指紋を登録しておくことで、指紋を当てるだけで開錠できるというもの。

これを使えば、自転車用の鍵を持ち歩く必要もなく、また、鍵を開けるための番号を覚えておく必要もなくなります。

自転車の鍵を紛失した、自転車の鍵が見つからない、指紋認証で開く鍵なら、そういったことがなくなります。

鍵の本体部分に指紋を当てることでロックが解除され、ワイヤーが外れるという指紋認証型の鍵が、スマート指紋認証ロック PDL-1、という商品。フロンティアファクトリーから発売されています。

いってみれば、指紋認証型のワイヤーロックで、自転車の鍵としてはもちろん、ロッカーや倉庫、スーツケースなど、セキュリティ対策として様々な用途に使えます。

スマート指紋認証ロック PDL-1、のおすすめポイントは、
・カギを持ち歩いたり、数字を覚えておく必要がないこと。
・指紋を10個まで登録できること。
・指紋を認証する時間が、約0.5秒とスピーディーであること。
・防水、防塵性能を備えていること。

これまで自転車の鍵を紛失してしまった場合、チェーンを切ったり、鍵自体を取り替える必要がありました。

ところが、このスマート指紋認証ロックの場合、そもそも鍵を失くしたり、暗唱番号を忘れたりすることがないため、そういったことも当然無くなります。

鍵を開けるのに必要なのは、指先の指紋ひとつ。これなら忘れることもなければ、失くす心配もない。数字を覚えておく必要も、もちろんありません。

鍵自体としても、防水防塵性能を備えているため、屋外での使用も可能。約30gと超軽量なので、自転車はもちろん、カバンやバッグなど持ち歩くものに付けても、負担になることもありません。

指紋を当てて約0.5秒で開錠と非常にスピーディー、登録できる指紋は10個までと家族間での共有もできます。

このスマート認証ロック、解錠に要する時間は、わずか0.5秒と非常にスピーディーなのも特徴です。

朝の通勤・通学時には1分1秒が惜しいもの。そういうときでも、指紋を当てて1秒以内で開錠できるのは非常に魅力的といえます。

また、指紋認証となると、使う状況によっては、他の人が使えなくなることが、かえって困ることもあります。

例えば、家族間で自転車を共有している場合などには、家族の誰もが鍵を開けられるようにしておくことが必要です。

この点、このスマート認証ロックは、最大で10個まで指紋を登録しておくことができる仕様。家族間やグループ内など、複数人で鍵を共有することもできるのようになっています。

銀行ATMやスマホのロック解除など、指紋認証を使う場面が増えてきています。もちろん、このスマート指紋認証ロックも、そのうちの一つ。

自転車の鍵を持ち歩く必要が無くなり、指紋ひとつで開錠できるようになるスマート認証ロック、便利になることは間違いなさそうです。

※商品名 スマート指紋認証ロック PDL-1(フロンティアファクトリー)
・サイズ 62×24.5×13.7mm
・重量 30g
・素材 ABS樹脂、ポリカーボネート複合素材
・ワイヤー 高強度スチールワイヤー
・防水防塵性能 IP65等級
・指紋読み取り速度 約0.5秒
・本体カラー 3種類(ブラック、シルバー、ピンクゴールド)

人気の記事

  1. BUNDOK ジャバラウォータージャグ 7.5L
  2. お買い物用クーラーバッグ ドット(パール金属)
  3. ウィスキーウェッジ(コークシクル)
  4. エアドリブル(今井パッケージ企画)
  5. 学研 エコー スマートペン

アーカイブ

PAGE TOP