トリの水切りボウル(マーナ)

ザルとボウルの役割を1つで果たす、水切りもできるおすすめの、水切りボウル。

調理の際の必須の道具であるのが、ボウルとザル。食材を水にさらして、水を切る際には、ボウルとザルが必要になります。

とはいえ、このボウルとザル、その形状から、キッチンがそれほど広くない場合には、収納時に少々邪魔になることがあります。加えて、2つ使えば、当然洗う手間も
それだけ増えることになります。

そこで今回は、1つでボウルとザルの双方の役割を果たすアイデアボウルをご紹介します。

これを使えば、ボウルとザルが1つで済むようになり、しかも双方ともに自立するので、スムーズな調理もできるようになります。

角度を替えれば、ボウルにもザルにもなる「トリの水切りボウル」、ザルとボウルが1つで済みます。

ボウルとザル、左右に傾けることで、これら双方の役割を果たすというのが、トリの水切りボウル、という商品。マーナから発売されています。

例えば、茹でたうどんを水にさらして、水を切ることが、トリの水切りボウルを使えば1つで済むようになる、というわけです。

トリの水切りボウル、のおすすめポイントは、
・ボウルとザルが、1つで済むこと。
・ボウルとザルのどちらでも、自立すること。
・「鳥」をイメージしたデザインがかわいいこと。
・2種類のサイズがラインナップされ、用途に応じて選べること。

ボウル部分は、食材がこぼれにくいように深みを設けた形。また、見た目もオシャレ。「鳥」をイメージしたかわいらしいデザインで、水を切ってそのままテーブルにおけば、食卓が華やかになります。

ボウルとザル、どちらの用途でも自立、調理の際に非常に便利です。

このトリの水切りボウル、便利なのは、ボウルとして使うにしても、ザルとして使うにしても、自立すること。双方にスタンド機能がついています。

しばらく、水にさらしておきたい、また、しばらく水切りしておきたいときにも、手を放しても自立させておけるのが、嬉しい工夫です。

サイズはMとSの2種類がラインナップ。Mであれば、麺類2人前程度、Sであれば、麺類1人前程度にちょうどよいサイズ。

SとMの2つはぴったりと積み重なるようにできているため、セットで購入するのもあり。

ボウルとザルの役割を1つで果たす、トリの水切りボウル、収納スペースや洗う手間などを考えると、ボウルとザルをそれぞれ使うよりも便利であることは間違いなさそうです。

※商品名 トリの水切りボウル(マーナ)
・容量 約1.1L
・サイズ 約232×192×236mm(Mサイズ、他にSサイズあり)
・耐熱温度 120℃
・耐冷温度 0℃
・カラー 2種類(グリーン、ホワイト)
・材質 ポリプロピレン
・JANコード/ISBNコード 4976404269816 ほか

人気の記事

  1. クックフォーミー(ティファール)
  2. 熱中症対策グッズ
  3. 注意したい熱中症、主な原因は3つ。
  4. ブラジリアンワックス
  5. クビンス ホールスロージューサー JSG-121。

アーカイブ

PAGE TOP