フリースタイルデスクヒーター(ROOMMATE)

オフィスの机下の暖房として最適、厚さ1cmの薄型のパネルヒーター、形も自在に変えられます。

冬のオフィスでの悩みの一つが、足元の冷え、足元が冷たく感じることです。

暖房が利いているので上半身は暖かく感じるものの、足元の冷えを悩みとしている方が意外と多いようです。

足元の冷え対策としては、厚手の靴下を履く、ブランケットを掛ける、専用の暖房器具を置くなど、様々な方法があります。

そんな中、今回ご紹介するのは、机の下に置くのに最適な、薄型のパネルヒーターをご紹介します。

これを使えば、足元の寒さの対策になるのはもちろん、暖房器具としてはスリムなため、狭いスペースでも置きやすく、収納場所に困ることも無くなります。

足元の寒さ対策におすすめ、足元を温めるための「フリースタイル デスクヒーター」。1枚パネルとしても、コの字型としても、L字型としても使えます。

厚さ1cmの薄型のパネルヒーターが、フリースタイル デスクヒーター、という商品。ルームメイトブランドから発売されています。

このフリースタイル パネルヒーターの大きな特徴は、4枚のパネルで1つのヒーターが構成されていることにあります。

4枚の個々のパネルは、それぞれのつなぎ目で折ることができるので、1枚のパネルとしてはもちろん、コの字型にも、L字型にもできるようになっています。

例えば、足元にもの凄く寒さを感じるのであれば、コの字にして足元全体を囲むように。

また、下半身全体を温めたいなら1枚のパネルにと、形を自在に変えられるようになっています。

フリースタイルデスクヒーター、のおすすめポイントは、
・厚さ1cmと、デスクの下においても邪魔にならないこと。
・4枚パネルが折れるので、形を自在に変えられること。
・収納時も5cmの厚みのため、隙間収納ができること。
・3段階で温度調節ができること。

温度調節は3段階(強・中・弱)で調節可能。電源と温度調節、どちらもボタンを押すだけなので、複雑な操作もいらないシンプルな作り。誰にでも使いやすくなっています。

収納時には厚みが5cmと極薄になるので、収納場所をとらず、隙間収納ができます。

ヒーターなどの暖房器具は、いってみれば季節家電です。

となると、購入時に考えておくべきは、使用しない季節のこと。特に、大型家電の場合には、収納場所のことを考えておく必要があります。

その点、このフリースタイルデスクヒーターは、4枚のパネルを折り畳むことで、非常にコンパクトなり、しかも厚みは約5cmと、暖房器具としては極薄といえるほどになります。

そのため、ちょっとした隙間さえあれば、隙間収納ができるため、わざわざ収納場所を作るまでもありません。その点、使用しない期間が長い家電としては、魅力的なポイントといえます。

机に向かう際の足の冷え対策、色々試したけれど、どれもイマイチという方は、フリースタイル デスクヒーター、試してみる価値が大いにありそうです。

※商品名 フリースタイルデスクヒーター(ROOMMATE)
・本体サイズ 幅1160×高さ510×厚さ10mm
・折り畳み時サイズ 幅300×高さ510×厚さ50mm
・重量 1.7kg
・ヒーター調節 3段階(強・中・弱)
・消費電力 180W
・コード長さ 1.5m
・安全装置 電流ヒューズ、3時間OFFタイマー、
・材質 ABS樹脂・不織布・ナイロン
・電源 AC100V 50/60Hz
・消費電力 130W
・カラー オレンジ
・JANコード/ISBNコード 4580050180281

人気の記事

  1. Best-ON ベストン 200ml(株式会社ベスト設備)
  2. エアビーダ
  3. NEW離れるとアラーム(リーベックス)
  4. しおりがそのままルーペに、シオルーペ(乾レンズ)
  5. ホットクッション YSC-DC90V(ユアサ)

アーカイブ

PAGE TOP