タワー ダストボックス&サイドテーブル(山崎実業)

寝室用のゴミ箱におすすめ、テーブル一体型のゴミ箱、狭い寝室でも邪魔になりません。

ゴミ箱は各部屋に必ず必要なものですが、できれば目につく場所ではなく、隠しておきたいというのが本音です。特に寝室は、なるべくモノを置かず、シンプルにしたいという方が多いようです。

そこで今回は、テーブルと一体化したゴミ箱をご紹介します。要は、テーブル下のスペースをゴミ箱として利用するというもの。

これを使えば、ゴミ箱を単体で置く必要がなくなり、ゴミ箱が邪魔にならないばかりか、隠しておけるようになります。

テーブルの下がゴミ箱、置き場所に困る寝室のゴミ箱に最適な「タワー ダストボックス&サイドテーブル」

一般的に、ベッドの脇に置くのがサイドテーブルといわれるもの。このサイドテーブルの下をゴミ箱として利用できるようにしたのが、タワー ダストボックス&サイドテーブル、という商品。山崎実業から発売されています。

これまでは、サイドテーブルとは別にゴミ箱を置いていたものが、この商品は1台2役。テーブルにスマホや携帯、ティッシュや時計などを置きつつ、下がゴミ箱になっている、というわけです。

いってみれば、サイドテーブルの下のスペースを、ゴミ箱として有効利用したもの。ゴミ箱を隠した状態にでき、もちろん、邪魔になることもありません。

タワー ダストボックス&サイドテーブル、のおすすめポイントは、
・サイドテーブルに最適なサイズであること。
・テーブルの下がゴミ箱になっていること。
・ゴミ袋がセットするための、留めリングがついていること。
・シンプルでスタイリッシュなデザインであること。
・実勢価格が4,000円前後と、手頃な価格であること。

本体の高さは約45cm。ベッド脇にも最適な高さ。また、ゴミ箱にはフタをあえてつけないことで、スムーズにゴミを捨てられ、寝室用のゴミ箱として最適、というわけです。

ゴミ袋もセットできる袋留めリング付、20Lのゴミ袋がセットできます。

このタワー ダストボックス&サイドテーブルのゴミ箱部分には、ゴミ袋がセットできるように袋止めリングが設けてあります。

ゴミ袋の適応サイズは、容量20Lのゴミ袋。結構な量のゴミが入るほか、ゴミ袋をセットしておくことで、処分もゴミ袋ごと取り出せばよいので、非常に簡単です。

見た目は、シンプルでスタイリッシュ。部屋の雰囲気を問わずに置いておけるデザインに仕上がっています。

寝室にサイドテーブルのほかにゴミ箱を置くと、意外と場所を取るため、狭くなってしまいます。

それを解決するのが、このタワー ダストボックス&サイドテーブル。サイドテーブルとゴミ箱の1台2役、寝室などにおすすめです。

※商品名 タワー ダストボックス&サイドテーブル(山崎実業)
・サイズ 約38×18.5×45cm
・カラー ホワイト(ほかにブラックあり)
・材質 本体、蓋:ABS樹脂/袋止めリング:スチール(粉体塗装)
・耐荷重 約5kg
・耐熱温度 90℃
・耐冷温度 -40℃
・内容量 約15L(対応ポリ袋サイズ:20L)
・JANコード/ISBNコード 4903208039888

人気の記事

  1. サイクールパック 20(mont-bell)
  2. iPhone用シャッター内蔵グリップ、Snappy
  3. 靴の中の暑さ対策、クールドライ インソール 男性用(アクティカ)
  4. ミシン目カッター28(オルファ)
  5. ジュニア プレイメーカー グラモデル

アーカイブ

PAGE TOP