Frywall (フライウォール)

揚げ物調理の必需品、手軽に使える油跳ねガード、オイルスクリーン。

唐揚げ、フライ、天ぷら、揚げ物はどれも人気メニュー、家庭のメニューにも加えておきたいものです。

ところが、自宅で揚げ物調理と思っても、油が跳ねて、コンロ周りが汚れたり、火傷の危険があるので、なかなか挑戦できない方も多いようです。

そこで今回は、揚げ物調理の際などに、油跳ねを防止してくれる便利なグッズをご紹介します。

これを使えば、調理の際の油跳ねを防止し、コンロ周りが汚れなくなり、また、ヤケドの危険も少なくなります。非常に便利なキッチングッズといえます。

鍋やフライパンに巻くだけで使える油跳ねガード「Frywall (フライウォール)」。

揚げ物など、油調理をする際に、鍋やフライパンの周りにグルッと巻いて使う油はねガードが、Frywall (フライウォール)、というアメリカで生まれて、発売以来、人気になっている商品です。

このFrywall (フライウォール)は、シリコン製で耐熱温度が約230℃。通常のフライパン調理のほか、揚げ物にももちろん使える仕様。

360℃をグルリと囲むように使うので、どの方角にも油が跳ねることもありません。コンロの油汚れや、火傷の危険から解放される、というわけです。

Frywall (フライウォール)、のおすすめポイントは、
・揚げ物調理の際に、油跳ねをガードしてくれること。
・360℃の全方向の油羽根を防止してくれること。
・手軽に使えること。
・鍋にフタをするわけではないので、調理の邪魔にならないこと。
・手入れが簡単なこと。
・食洗機にも対応していること。

油跳ねガードといっても、フタをするわけではないので、調理がしやすいのも特徴です。

Frywall (フライウォール)の一番の特徴は、油跳ね防止のために「フタ」をするわけではないことにあります。

鍋の周囲を円錐形に囲むようにして使うもので、フタをするわけではありません。そのため、調理中でも菜箸やフライ返しなどは普通に使える状態なので、非常に便利。

油跳ねガードの中には、鍋にフタをしてしまうタイプのものもありますが、これだと、調理中にいちいち外さなければならず、意外と不便。Frywall (フライウォール)にはそういったことがありません。

また、シリコン素材であるために、使い終わった後も非常に手入れしやすいのも特徴。食洗機にも対応しているので、食洗機があるご家庭では入れてしまえばOK。

さらに、シリコン素材の柔らかさから、使わないときはクルッと丸めて収納できる点も便利。一般的なフタのように、収納スペースも必要ありません。

カラーは全4種類、ポップな色合いでキッチンを華やかに飾ってくれます。

油跳ねによる汚れや火傷が心配で、これまで揚げ物調理をしてこなかった方も、Frywall (フライウォール)を使って、揚げ物調理に挑戦してみてはいかがでしょう。

※商品名 Frywall (フライウォール)
・商品種別 オイルスクリーン(油はねガード)
・サイズ S(20cm)、M(24cm)、L(26-28cm)、XL(30cm)
・カラー オレンジ、グリーン、レッド、ブラック
・素材 シリコン
・耐熱温度 約232℃
・食洗機 対応
・特許 米国にて取得済み

人気の記事

  1. カメレオンペン
  2. スノアサークル(Snore Circle・ウェザリージャパン)
  3. 高品質なホールリーフ使用の紅茶 ティーシェッド
  4. 紫外線をどれだけ浴びたか知っていますか?
  5. 汗の染み抜きの苦労がいらない フレッシュマックスシャツ

アーカイブ

PAGE TOP