KANZIKI(カンジキ、ヴィムラム)

雪のときの靴の滑り止め、装着が簡単で応急処置的に使えるタイプが便利です。

雪が降ったり、路面が凍結しているときに、履いているのが普通の靴だと、当然ながら滑ります。

滑って転んで怪我をする、なんていうことは何が何でも避けたいところです。

とはいえ、雪用のブーツなどを購入するのも、年に数回使うか使わない程度の、雪の少ない地方の方の場合には、なんとなく躊躇われます。

そこで今回は、普通の靴にはめるだけで、雪や路面凍結時に滑り止めになるという、グッズをご紹介します。

これを使えば、突然の雪や路面凍結時にも慌てることなく、履いている靴にワンタッチで滑り止めが装着できてしまいます。

雪や路面が凍結時に、靴にはめるだけで簡単に滑り止めの役割を果たす「携帯用滑り止めシューアクセサリー KANZIKI」。

今履いている靴に雪用の滑り止めをつけたい、そんなときに便利なのが、携帯用滑り止めシューアクセサリー KANZIKI、という商品。登山用日ンンブランドのヴィブラムから発売されています。

このKANZIKIの最大の特徴は、通常の靴をそのまま滑り止めがついた状態にできること。

しかも、着脱式で、取り付けも非常に簡単。今履いている靴のつま先とかかとの部分に引っ掛けるだけと、ほぼワンタッチで装着できるようになっています。

ゴムのようなラバー素材を使用しているため、靴にもしっかりフィット(25cm~28cmが対応さいず)、滑り止めの役割をしっかりと果たしてくれます。

携帯用滑り止めシューアクセサリー KANZIKI、のおすすめポイントは、
・簡単に装着できるので、いつでもどこでも使えること。
・金属スパイクではないので、雪や氷のない場所でも歩けること。
・実勢価格が3,000円前後と、手頃な価格であること。

100gに満たないという軽さも魅力的で、雪が降りそう、路面が凍結しそう、というときには念のため、カバンに入れておいても、邪魔になることもありません。

金属金具がついていないので、雪や氷のない場所でも、普通に歩けます。

このKANZIKIのさらなる特徴が、滑り止め部分に金属を使用しておらず、金属製のスパイクなどとは異なる作りであることにあります。

そのため、単なるアスファルトの上を歩くこともでき、所々路面が凍結している場合などでも使用することができます。

ただし、あくまで雪道、凍結路面の歩行を補助するためのものであり、冬山登山などには使えない点は、注意が必要です。

毎年、準備しようと思っているうちに、雪が振ったり、路面が凍結してしまいます。今年こそ、携帯用滑り止めシューアクセサリー KANZIKI、で早めの対策しておきませんか?

※商品名 KANZIKI(カンジキ、ヴィムラム)
・商品種別 携帯用滑り止めシューアクセサリー
・適応サイズ 25cm~28cm
・重量 約82g
・素材 ラバー

人気の記事

  1. 裾 調整
  2. クールタオルにプリント
  3. ポータブル スーツ ハンガー
  4. 収縮式ヘルメット オサメット
  5. CCTのチルチューブで首元の暑さ対策を

アーカイブ

PAGE TOP