スマートキーロック FB50

指紋で解錠できる南京錠、鍵を持ち歩く必要も、暗証番号を覚えておく必要もありません。

自転車や倉庫、パソコンやカバンなど、その場を離れる際には、物騒な世の中だけに、鍵を掛けておくことが必要です。

こういうとき、頑丈ながら使い勝手のよいのが、南京錠です。

とはいえ、この南京錠、解錠する際には鍵を使うか、暗証番号などをダイヤルするのが一般的です。

それだと、常に鍵を持ち歩く必要もあるし、暗証番号やダイヤル番号を覚えておく必要があり、面倒といえば面倒です。

そこで今回は、本体に指紋を当てることで開錠できる、次世代型の南京錠をご紹介します。

これを使えば、鍵を持ち歩く必要もなければ、暗証番号を覚えておく必要もなくなります。自分の指を鍵代わりに使える南京錠です。

指紋を当てると開錠できる南京錠「スマートキーロック FB50」、鍵を持ち歩く必要がなくなります。

従来型の南京錠よりも、スタイリッシュな見た目。解錠も指紋を当てる方式を採用しているのが、スマートキーロック FB50、という南京錠。ADZUKI Tradingから発売されています。

予め指紋を登録しておくことで、解錠の際、いちいち鍵を取り出す必要もなく、番号をダイヤル必要も無く、指先を当てれば解錠できる南京錠です。

手持ちのスマホに専用アプリをダウンロードして、指紋を登録。最初に設定する作業は必要になりますが、それさえ済ませてしまえば、指が鍵代わりに使えるというわけです。

スマートキーロック FB50、のおすすめポイントは、
・指紋認証で開けられる南京錠であること。
・指紋だけではなく、スマホでも開錠できること。
・最大で15人分の指紋を登録できるので、グループでも利用できること。
・防水、防塵仕様なので、屋外でも使用できること。

このスマートキーロック FB50、指紋だけではなく、スマホを使って解錠できるのも特徴の一つ。

指先を怪我して包帯が巻いてある、手袋を外すのが面倒くさい、そんなときはスマホを操作することでも、解錠できるようになっています。

最大15人分の指紋を登録できるので、グループでの利用も可能です。

スマートキーロック FB50は、一人だけでも使えますが、グループなど複数人で使うことも想定して作られています。

1つの南京錠に対して、登録できる指紋の数は最大で15個分。そのため、共用スペースの倉庫などの鍵としても使えるようになっています。

充電は付属のUSBケーブルを使う方式。1度フルに充電すれば、通常の使い方であれば約2ヵ月程は使える仕様。

本体自体は、IP65レベルの防水・防塵性能であるため、濡れても問題なく、屋外で使うことも可能です。

自分の指を鍵として使える、次世代型の南京錠、スマートキーロック FB50。これまでの南京錠の面倒くささが一気に解消されます。

※商品名 スマートキーロック FB50(ADZUKI Trading)
・サイズ 高さ7.8×幅5.0×奥行2.3cm
・重量 104g
・指紋登録可能人数 15人
・材質 アルミニウム合金製
・バッテリー リチウムイオンリチャージャブルバッテリー 3.7V 130mah(マイクロUSB)
・防塵、防水 IP65
・使用環境 -20℃~70℃(1回の充電でおよそ2ヶ月程度利用可能)
・保証期間 購入日より1年
・JANコード/ISBNコード 4589841980215

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. レグぽか・スリム(龍野コルク工業株式会社)
  2. ワンタッチ身長測定器(ハルモニア)
  3. ジェイソンマーク クイックワイプス
  4. 座ってお昼寝抱き枕(マーナ)
  5. お医者さんのふんわり腰まくら

アーカイブ

PAGE TOP