ハンディエアポンプmini(サンコー)

超小型の電動式の空気入れ、充電式なのでいつでもどこでも簡単に空気が入れられます。

自転車のタイヤの空気が抜けてきたと思ったら、ポンプ式の空気入れをえっちらおっちらと押して入れるというのが、一般的なイメージです。

このポンプを押すことで空気を入れるというこの作業、実に疲れるものです。おまけに、どの程度空気が入ったかは、指でタイヤを押して確認する必要もあります。

もっと簡単に手軽に、そして疲れることなく空気を入れることができたら、それは非常に便利です。

そこで今回は、それを実現できる、電動式の空気入れをご紹介します。

これを使えば、スイッチを押すだけで自動で空気をいれることができるようになり、しかも、設定した空気圧まで入れば、自動で停止する機能もついている、優れた空気入れです。

空気を入れる作業は疲れる、というのは昔の話、電動で簡単に空気が入れられる「ハンディエアポンプmini」。

タイヤの空気口とつないでスイッチを押す、すると自動的に空気を注入してくれるとう電動式の空気入れが、ハンディエアポンプmini、という商品。サンコーから発売され人気になっています。

ハンディエアポンプminiは、従来の空気入れのようにポンプを押したり引いたりすることなく、ボタン一つで空気を入れることが可能。

しかも、予め空気圧を設定しておくと、そこまで空気が入ったら自動で動作が停止されるので、空気の入れ過ぎも防ぐことができます。

ハンディエアポンプmini、のおすすめポイントは、
・電動式の空気入れなので、簡単に空気が入れられること。
・片手で持てるサイズ、重量であること。
・充電式なので、持ち運びはもちろん、どこでも使えること。
・自転車のタイヤのほか、車のタイヤやボールなどにも使えること。

片手で持てるハンディサイズ、充電式なので、いつでもどこでも使えます。

ハンディエアポンプminiの特徴の一つが、電動空気入れとしては非常にコンパクトなサイズであることです。

片手で楽々持てるほどの大きさで、重量はわずか430g。しかも、充電式なので、電気が使えない場所、狭い場所でも使えるようになっています。

また、夜間の暗い駐車場でも作業ができるように、LEDライト機能付き。わざわざ懐中電灯を用意する必要もありません。

ハンディエアポンプminiが使えるのは、自転車のタイヤはもちろん、車のタイヤやボールなど、多岐に渡ります。自転車については、英式、仏式のアダプターも付属。

さらに、モバイルバッテリーとしての機能も備えており、USBポートとつないで、スマホを充電することもできます。

簡単に空気が入れられて、しかも軽量コンパクトで持ち運びも自由自在な、ハンディエアポンプmini。1台持っておきたい商品です。

※商品名 ハンディエアポンプmini(サンコー)
・商品種別 電動エアコンプレッサー
・セット内容 本体、自動車用ホース、仏式自転車用アダプタ、英式自転車用アダプタ、ボール用アダプタ、風船用アダプタ、日本語説明書
・サイズ 高さ190×幅40×厚み50~90mm
・重量 430g(本体のみ)
・バッテリー容量 6000mAh/22.2Wh
・インプット 5V/2A
・USBアウトプット 5V/2.1A
・最大出力空気圧 120PSI
・LEDライト消費電力 1W
・LEDライト駆動時間 約8時間
・充電時間 2AのACアダプターで約4~5時間
・保証期間 購入日より12ヶ月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 形状記憶プレミアムインソール
  2. アルミサイクルハウス 2.5S型(アルミス)
  3. 木枠フットヒーター MFH-181ET(メトロ電気工業)
  4. 360度ソーラー回転ハンガー くるくるカラりん(サンコー)
  5. 食べごろどんぶり(ドウシシャ)

アーカイブ

PAGE TOP