気になる汗染み、対策するならフレッシュマックスシャツ。

気になる汗染み、対策するならフレッシュマックスシャツ。

気になる汗染み、対策するならフレッシュマックスシャツ。特許を取得の特殊な織り方で汗が表面まで浸透しません。

気温の高い日が続きますが、ここまで気温が高いとビジネスマンの方にとっての悩みは「ワイシャツへの汗染み」ではないでしょうか。

行ってきます、と家を出た瞬間からとぼとぼ駅まで歩くまでに既に大汗。さらに電車に乗ってもクーラーが効かないほどの満員電車で、汗が引くどころかまた汗。会社に着くころにはワイシャツどころか、身体中汗びっしょり。

仕事をはじめて少し汗が引いたと思ったら、今度は得意先回り。これまたお客様の所に着く頃には全身汗びっしりょり。

というのが、この時期のビジネスマンの悩ましい姿ではないでしょうか。

そこで対策となる色々なグッズも販売されていますが、おすすめなのが「汗染みを作らない生地で作ったワイシャツ」であるフレッシュマックスシャツです。

イギリス生まれのこのフレッシュマックスシャツのおすすめポイントは2つ。

1つは、汗染みを作りません。

フレッシュマックスシャツが採用している生地は、特許を取得した特殊な生地の織り方によって、通常は生地を貫通するはずの水分(汗)が貫通せず、片側(肌側)だけで蒸発してしまう仕組みになっています。

これにより、表面まで水分が浸透することがないため、「汗染みができない」というわけです。

2つ目は、綿100%と、天然素材であること。

汗を表面に浸透させずに汗染みを作らないという高度な機能性を持ちながらも、素材は綿100%というのもフレッシュマックスシャツの特徴です。

綿100%ですから、ゴワついたり、カサついたりすることなく、サラッとした肌触りであることもフレッシュマックスシャツの特徴です。

気になる汗染み、その対策には、「そもそも汗染みを作らない生地」で作ったワイシャツ、フレッシュマックスシャツがおすすめです。

フレッシュマックスシャツ公式ストアはこちらから>>
フレッシュマックスブランドサイトはこちらから >>>

人気の記事

  1. 伝統工芸士が作る赤ちゃん筆、赤ちゃん筆熊野工房
  2. D-STYLIST ふっくらメガたこ焼き(D-STYLIST)
  3. ひんやりタオル 人気
  4. ドレッシング用の入れ物に最適、ミニプレップボウル
  5. 自分で作る野球盤、加賀木材の野球ゲーム

アーカイブ

PAGE TOP