裾上げテープのかわりに、オシャレなピン。

裾上げテープのかわりに、オシャレなピン。

裾上げテープのかわりに、オシャレなピン。裾を折り込んでピンで留めるだけの簡単調整。

ジーンズなどのズボン類、買ったその場でお店で裾上げしてもらったはいいけれど、やはりもうちょっと揚げとけばよかった、と思ったときにまず思いつくのが裾上げテープ。

これは裾上げして、裏側をテープで留めておくのが主流ですが、意外とテープが剥がれてしまったりするのが少々難点。

こういうときにちょっと使い勝手のよいのが、裾上げした箇所をピンで留めるタイプ。ピンを生地の表裏に通す形なので裾上げした部分もしっかりと付くのでズレてきたり、落ちてきたりする心配がありません。

このピン、アメリカ生まれのヘムジェムという商品で、アメリカ・カナダ・シンガポールのデニムチェーンや百貨店でも販売され、人気のあるアイデアグッズです。

ピンタイプなので、当然表側からも見えるようになっていますが、そこは美しく、おしゃれに見えるように、デザイナーによってシンプルな形に作られています。

使い方も簡単で、調整したい部分をロールアップしたら、本来の裾が見えるように折り込んで、後はヘムジェムで留めるだけ。

取り付けも簡単ならば、取り外しも簡単。というわけで、1本のズボンだけではなく、色々なズボンへの付け替えができるのも嬉しいところ。

このヘムジェム、もともとは1本のお気に入りのジーンズ。色々な靴に合わせたい、と思ったときに靴の高さによって裾の長さのバランスがずれるのが気になる、というところから出発した商品です。

簡単に裾の長さの調整ができることから、発売後からアメリカ国内では大手デニムチェーンでも販売されるなど、人気の商品となりました。

普段、裾上げテープをお使いの方で使い勝手に??の方、一度、ヘムジェムの使用をおすすめします。

ピンが見えないようにしたいなら、やはりテープタイプ。

ヘムジェムはピンを使って、裾上げをするタイプ。ピンなので取り付け取り外しも簡単。ですが、ピンは表側に見えてしまいます。見えるのが嫌だ、というのがあれば、従来からあるテープで留めるタイプ。こちらは様々な種類の商品が販売されています。

裾上げテープ 男のハガレンダー (八商商事)

・裾上げ方法 テープタイプでアイロンを使用
・裾上げ方法 テープタイプ
・サイズ テープ:3cm×120cm
・素材 ポリエステル100%
・生地の中に接着のりを進入させる強力タイプ
・テープの色は各種用意されています。

すそ上げテープ 黒(クロバー)

・裾上げ方法 テープタイプで、スチームアイロンを使用。
・内容 23mm幅×1.2m巻
・パッケージサイズ 55×150×7mm 
・テープの色は各種用意されています。

ロングすそ上げテープ 黒(クロバー)

・ロングタイプで、ズボンなら2着分のほか、フレアスカートやカーテンの丈直しにも使えます。
・裾上げ方法 テープタイプで、スチームアイロンを使用。
・内容 23mm幅×2.2m巻
・パッケージサイズ ×150×7mm
・テープの色は各種用意されています。

ストレッチすそ上テープ 黒(クロバー)

・ジャージなど伸縮する生地用のすそ上げテープ。
・裾上げ方法 テープタイプで、スチームアイロンを使用。
・内容 30mm幅×1.2m巻
パッケージサイズ 70×150×9mm
・テープの色は各種用意されています。

裾上げをしたあとの見た目、使いやすさなど、好みに応じたものを選び、裾の長さを自分にピッタリ合うように調整してみましょう。

人気の記事

  1. ペイントペン
  2. シンブンクリップ(リアライズ)
  3. 虫歯の治療期間がたった1日、日帰りでできる虫歯治療。
  4. TRENE(トレネ)(キングジム)
  5. カセットガス クッキングバーナー CJ2(イワタニ)

アーカイブ

PAGE TOP