なるほどバケツ(イノマタ化学)

家庭用のバケツにおすすめ、ホースホルダーや、雑巾が掛けられるフック付の便利なバケツ。

掃除や洗濯など、家庭でもバケツを使う機会は意外と多いものです。

バケツといえば、昔はブリキ、今はプラスチック製のものが主流ですが、形としては、単なる円柱の形、それにせいぜい持ち手がついた程度のものがほとんとです。

たしかに、単に水を入れておくだけというバケツの用途を考えれば、それで十分かもしれませんが、ちょっとした工夫を施すことで、断然使いやすくなっているバケツもあります。

そこで今回は、その便利なバケツをご紹介します。

これを使えば、バケツに雑巾は掛けられるし、ホースは固定できるようになるなど、バケツが非常に便利に使えるようになります。

バケツに雑巾が掛けられて、ホースが固定でき、注ぎ口がついて流しやすい、便利なバケツ「なるほどバケツ」。

バケツの形状を工夫することにより、雑巾を掛けるためのフック、ホースを固定するためのホルダー、水を流しやすいようにした注ぎ口を装備したのが、なるほどバケツ、という商品。イノマタ化学から発売されています。

通常、バケツに雑巾を掛けるとなると、フチの部分に掛けることになり、中に水が入っていれば、片側は濡れてしまいます。

なるほどバケツの場合、バケツの外側に雑巾が掛けられるので、雑巾を見ずに濡らすことなく掛けておくことができます。

また、バケツの中にホースで水を入れる際、手を添えていないと、ホースが暴れて、水があちこち飛んでしまいます。

ところが、なるほどバケツの場合には、ホースホルダーがついているので、ホースをバケツにしっかりと固定したまま、水を入れることができます。

なるほどバケツ、のおすすめポイントは、
・バケツに雑巾がけフック、ホースホルダー、注ぎ口がついていること。
・本体が透明なクリアタイプのため、中身が見えること。
・実勢価格が350円前後と、手頃な価格であること。

また、意外と便利なのが、注ぎ口がついていること。水が流しやすいというのは、バケツにとっての重要ポイント。それも実現されています。

バケツ本体は透明なので、中が透けて見えるのも使い勝手がよい点です。

このなるほどバケツ、本来のカラーは、3種類。イエロー、ブルー、ピンク。といっても、すべてクリアタイプなので、中が透けて見えるのも特徴の一つ。

水が入っているのか、いないのか。どの位まで水が入っているのか、それらが外側から分かるようになっています。

加えて、目盛もついているので、きっちり容量を測りたいときなどは、目盛を目安にすることができます。

たかがバケツ、されどバケツ、どうせ使うなら便利であることにこしたことはありません。そういう意味で、なるほどバケツ、おすすめです。

※商品名 なるほどバケツ(イノマタ化学)
・サイズ 幅30.7×奥行28×高さ22.7cm
・容量 8L
・材質 本体・取っ手:ポリプロピレン/ホースホルダー:ナイロン
・カラー 3種類(アクアブルー、アクアピンク、アクアイエロー)
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード 4905596320432 ほか

人気の記事

  1. 缶潰し器 ペッタンコ缶Can(アーネスト)
  2. ガラナ
  3. 珪藻土体重計
  4. カセットガス クッキングバーナー CJ2(イワタニ)
  5. めいしふせん(ビバリー)

アーカイブ

PAGE TOP