小型精米機 RICELON(ライスロン)(エムケー精工)

小型の家庭用の精米機、お米2合までを食べるその日に精米できます。

日本の食卓に欠かせないのが、お米、白いご飯です。お米が美味しければ、おかずは少しでも大丈夫なほどです。お米は毎日食べるものだからこそ、少しでも美味しく食べたいものです。

お米を美味しく食べるためには、やはり、精米したばかりのお米を使うのが一番です。精米した直後から空気に触れ、酸化し、劣化が始まることを考えると、当然といえば当然です。

とはいえ、精米機といえば、お米屋さんにあるもので、しかも、かなり大型の機械というイメージ。なかなか家庭に置こうとは思いません。

ところが、最近では、家庭用の小さな精米機が販売されるようになっており、家庭でも精米したてのお米を楽しめるようになっています。

今回ご紹介するのは、その家庭用の小型の精米機です。ペットボトルほどの大きさなので、さほど置き場所を取らないのが特徴です。

大きさは、2Lのペットボトルほど。家庭用の精米機「小型精米機 RICELON(ライスロン)」。

炊飯器の横など、キッチンの空いたスペースに置いておける、家庭用の精米機が、小型精米機 RICELON(ライスロン)、という商品。エムケー精工から発売されています。

この小型精米機、大きさは、2Lのペットボトルほど。これまでの精米機の大きいというイメージとは正反対。一般的な家庭でも置き場に困ることがありません。

1度に精米できるお米の量は、2合まで。一般的な家庭であれば、十分な量。精米したてのお米を毎日楽しむことができるようになっています。

小型精米機 RICELON(ライスロン)、のおすすめポイントは、
・精米機ながら小型なので、置き場所に困らないこと。
・コースにより、精米の具合を調整できること。
・劣化した白米をリフレッシュさせることもできること。
・安全装置が装備されていること。

操作も簡単、好みの精米加減を選んで、スタートボタンを押すだけ。

小型精米機 RICELON(ライスロン)の使い方は簡単。好みの精米加減を選んで、あとはスタートボタンを押すだけ。

精米具合は、白米は5段階から選ぶことが可能なほか、分づき米にも対応。その日の気分によって変えることもできます。

また、精米してから時間が経過し、劣化してしまった白米をリフレッシュするコースがついているのも特徴。古いお米を甦らせることもできます。

本体には、安全装置も装備されており、精米容器と精米バスケットをセットしないとスイッチが入らないような工夫がなされており、安心して使うことができます。

たかがお米ですが、毎日食べるものだけに、少しでも美味しく食べたいところです。

であれば、小型精米機 RICELON(ライスロン)を使って、精米したてのお米を食べてみませんか?これまでよりも、お米が美味しくなることは間違いありません。

※商品名 小型精米機 RICELON(ライスロン)(エムケー精工)
・サイズ 幅13.5㎝×奥行17.5㎝×高さ32㎝
・重さ 約2.0kg
・精米コース 分づき(13段階)、白米(5段階)、上白、米とぎ(玄米から米とぎ)、リフレッシュ(白米専用)
・運転時間 玄米精米コース:1分10秒~3分40秒/リフレッシュ白米専用コース:50秒
・電源 AC100V 50Hz/60Hz
・消費電力 約200W
・定格時間 8分
・電源コード長 約1.4m
・安全装置 安全スイッチ、電流ヒューズ
・精米量 0.5~2合
・精米方式 対流式
・制御方法 マイコン制御
・付属品 取扱説明書(保証書付き)、ぬか掃除用ブラシ
・カラー 2種類(アーバンレッド、ライスホワイト)
・JANコード/ISBNコード 4905249298125

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 塩分計 しおみくん SO-303(タニタ)
  2. パーフェクトグローブ EXAR(ドウシシャ)
  3. ドアハンガースマート ワイド(山崎実業)
  4. マジックパスタ カルボナーラ(サタケ)
  5. オゾンの力 for トイレ(J-Force)

アーカイブ

PAGE TOP