ノック式水性カラーペン クリッカート(ZEBRA<ゼブラ>)

インクが乾かないペン、キャップを閉め忘れても書けなくなることが無くなります。

カラーの水性ペンといえば、絵やイラストを書くときに使うペンです。水性ペンといえば、適度のインクの濃度ゆえに、手軽に使えて便利です。

ただ反面、使う度にキャップを開け閉めする必要があったり、キャップを閉め忘れると、インクが乾いてしまうというのが少々使いづらいところです。

そこで今回は、特殊なインクを使用することで、キャップを閉め忘れても、インクが乾かない水性ペンをご紹介します。

これを使えば、キャップを締め忘れてもインクが乾くことがなくなります。

さらに、言い換えれば、色々な色のペンを使う際に、いちいちキャップを開け閉めする必要もなくなり、スムーズな作業ができるようになります。

インクが乾かないという、これまでにない水性のカラーペン「ノック式水性カラーペン クリッカート」。

インク自体が、空気中の水分を吸収し、逆に、水分が多くなれば蒸発する。

こういった不思議な力をインクに持たせ、それをペンにしたのが、ノック式水性カラーペン クリッカート、という商品。文房具メーカーのZEBRA(ゼブラ)から発売されています。

空気に触れても乾かないインクなので、キャップの閉め忘れを心配しなくても大丈夫。もちろん、イラストを書いている途中に、色々な色のペンを使うといったとき

でも、いちいちキャップを開け閉めする必要がなくなるというわけです。

ノック式水性カラーペン クリッカート、のおすすめポイントは、
・キャップを閉め忘れても、インクが乾かないこと。
・ノック式であること。
・色を重ねてもにじまず、綺麗に塗れること。

ノック式なので、キャップを開けたらインクが手についてしまった、ということもなくなります。

このノック式水性カラーペン クリッカートは、インクが乾かないばかりか、水性のカラーペンとしては珍しくノック式であることも特徴の一つ。

ノック式であることで、ノックをして始めてペン先が出る仕組み。そのため、水性ペンにこれまでありがちだった、手にインクがついてしまうといったことも無くなります。

さらに、クリッカートは、水性ペンでありながら、色を重ねても綺麗に塗れる点も見逃せません。

従来の水性ペンは、異なる色同士を重ね塗りすると、色がにじんでしまいました。

その点、クリッカートは、重ね塗りしてもにじまないのが特徴。表現の幅が大きく広がります。

カラーは、全36色、単品での発売はもちろん、12色セットや36色セットも発売されています。

これまでの水性ペンの常識を覆す、ノック式水性カラーペン クリッカート、おすすめのカラー水性ペンであることは間違いなさそうです。

※商品名 ノック式水性カラーペン クリッカート(ZEBRA<ゼブラ>)
・線の太さ 0.6mm
・インク 水性染料
・サイズ 最大径10.4mm×全長149.7g
・重量 8.1g
・備考 単品での販売のほか、12色セット、36色セットあり
・JANコード/ISBNコード 4901681382316

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 自転車防犯用大音量アラーム&テールライト(サンコー)
  2. ダイソン 加湿器 Dyson Hygienic Mist AM10
  3. 超音波洗浄クリーナー ソニックソーク(SONIC SOAK)
  4. THE TOOTHBRUSH by MISOKA
  5. フルベジ ぶどうの皮むき(下村工業)

アーカイブ

PAGE TOP