カゼフィットレイン(KAZEfit RAIN)(山善)

蒸れないレインコート、空調ファンがコートの中に風を通します。

雨の日のお出掛けや、屋外での作業時に着るのがレインコートです。

レインコートは、雨をしのぐのに大切なウェアではありますが、気温が高い季節だと、中が非常に蒸れて困ります。特に、梅雨や夏場などは汗をかくことによって、熱中症になる危険性も高まります。

そこで今回は、着用時の「蒸れ」の悩みを解消したレインコートをご紹介します。

コートの内側にファンを搭載してあるもので、コートの中を風が通り抜けるというもの。これを使えば、雨そのものは嫌なものですが、コートの蒸れがなくなり、快適に過ごせます。

レインコートの蒸れを解消、中を風が通り抜けるレインコート「カゼフィットレイン」。

内側に小型の空調ファンを装着することで、ジメッとした蒸れから解消されるレインコートが、カゼフィットレイン、という商品。山善から発売されています。

腰のあたりに設置された空調ファンが、空気を下から上へと流すことで、コート内部の蒸れを防止するというもの。

風を通り抜けやすくするために、首元へ向かって空気トンネルを作り、導線を確保している仕様。

首元に風が当たりやすくなっているので、首回りを冷やすという暑さ対策にもなるというわけです。

カゼフィットレイン、のおすすめポイントは、
・空調ファンを搭載することで、中が蒸れないレインコートであること。
・風量が4段階で調節できること。
・バッテリーが濡れないように工夫されていること。
・空調ファンは、取り外して手入れができること。

大容量のバッテリー搭載のため、充電も長持ち、一日作業でも心配ありません。

カゼフィットレイン、風量は4段階で調節することが可能。

電源にはモバイルバッテリーを使用。バッテリー自体が大容量で、風量が強の場合で約8時間は稼働させられるほど。

充電が直ぐに無くなってしまうといったこともなく、1日中の作業でも心配ありません。

バッテリーは収納ポケットに入れて使いますが、内側に入れるため、バッテリー自体が濡れるのを防げるようになっています。

そのほかにも、使いやすい工夫がいたる所になされています。

たとえば、空調ファンの周囲の素材にウレタンを使用することで、生地が巻き込まれないようになっていたり。

また、袖口部分は、ゴムとマジックテープの二重構造で雨が入りにくいようになっています。

雨の季節に必須なレインコート、その「蒸れ」という悩みを解消したカゼフィットレイン、今年の梅雨に備えて準備しておきたいところです。

※商品名 カゼフィットレイン(KAZEfit RAIN)(山善)
・セット内容 4400mAhバッテリー、コンパクトファン×2、ACアダプター、ケーブル
・サイズ 4種類(M~3L)
・カラー 2種類(グリーン、グレー)
・材質 ジャンパー:ポリエステル100%
・風量 4段階調節(弱/中/強/ターボ)
・充電時間 約5~5.5時間
・電池使用時間 ターボ:約6時間30分/強:約8時間30分/中:約14時間/弱:約22時間
・耐水圧(防水性) 10000mmH2O
・透湿度(ムレにくさ) 2000g/m2-24HR
・電池電圧 7.4V
・電池容量 4400mAh
・リチウムイオンバッテリー搭載
・品番 KWR-40

人気の記事

  1. 電気ホットストール(ツインバード工業)
  2. ボタンの素材を問わずに使えるボタン付け道具、tic。
  3. 皮むきグローブ ムッキー(ファイン)
  4. バンチオバルーン Bカラー (タカラトミーアーツ )
  5. 不思議なプラスチック プラフレンド

アーカイブ

PAGE TOP