名刺スキャナー PSC-13UB(サンワサプライ)

小型の名刺スキャナー、名刺のスキャン専用で管理ソフトもついてきます。

仕事をしていると、知らず知らずのうちに溜まっていくのが名刺です。気づけば膨大な数になり、管理が難しくなるのはもちろん、そもそも名刺の置き場所にも困ってしまいます。

この膨大な数の名刺、簡単に管理するには、スキャンしてデータ化し、それをパソコンに保存しておくのが、一番手っ取り早い方法といえます。

そこで今回は、名刺のスキャン専用に作られたスキャナーをご紹介します。

これを使えば、名刺用のスキャナーとして作られただけあって、小型で場所を取らず、専用の管理ソフトもついて、名刺のスキャンと管理が圧倒的に簡単になります。

1枚のスキャンに掛かる時間はわずか3秒、名刺専用スキャナーだからコンパクトで邪魔にならない「名刺スキャナー PSC-13UB」。

本体サイズが、約10cm四方で厚みが2.8cmと、まるでカードリーダーのような小型の名刺専用スキャナーが、名刺スキャナー PSC-13UB、という商品。サンワサプライから発売されています。

スキャナーというと、大きなものをイメージしますが、この名刺スキャナーは小型、コンパクト。デスクの上に置いておいても邪魔になることがありません。

また、使い方も非常に簡単で、本体の挿入口に名刺を入れるだけで、スキャンされる仕様。本体を開閉する必要もありません。

しかも、1枚の名刺をスキャンする時間は、約3秒と非常にスピーディー。じれったさを感じることなくスキャンすることができます。

名刺スキャナー PSC-13UB、のおすすめポイントは、
・1枚の名刺が、わずか3秒でスキャンできること。
・スキャンと同時にテキストデータ化すること。
・管理や検索ができる専用ソフトがついていること。
・最大で3,000枚の名刺を管理できること。
・日本語を含めて24言語に対応していること。
・WindowsとMacの双方に対応していること。

3,000枚の名刺を管理できる専用ソフトつき、WindowsでもMacでも使えるのが嬉しい。

名刺スキャナー PSC-13UBは、専用の管理ソフトが付属しており、しかも、WindowsとMacの双方に対応しているのも魅力的です。

名刺はスキャンと同時に、文字を読み取る仕様。日本語はもちろん、24もの言語を読み取れるので、海外の方との名刺交換時にも使用可能。

スキャンしてデータ化したあとは、専用ソフトで管理。最大3,000枚の名刺が管理できるので、しばらくは事足りるはずです。

もちろん、文字列から検索することもできるので、目当ての名刺を一発で見つけることもできます。

名刺スキャナー PSC-13UBをパソコンの横に置いておき、名刺を貰ったらすぐにスキャン。これをルーチンにしておけば、あとで名刺の管理に悩まされることがなくなります。

※商品名 名刺スキャナー PSC-13UB(サンワサプライ)
・サイズ W107×D28×H100mm
・重量 168g (本体のみ)
・解像度 カラー/600dpi
・スキャン速度 約3秒/名刺1枚
・インターフェイス USB仕様 Ver.2.0準拠(USB Ver.1.1上位互換)
・付属品 USB延長ケーブル、CD-ROM、キャリブレーションカード、透明名刺入れ、取扱説明書

人気の記事

  1. アンダーフューズ
  2. 電撃殺虫ラケット SHONCO
  3. アイロンで簡単にポケットが増やせる!
  4. LitomソーラーLEDライト
  5. Hakuraの筆ペン(hakura-柏楽-)

アーカイブ

PAGE TOP