入浴しながらラジオが聞きたい!お風呂で使える防水シャワーラジオ。

シャワーラジオ SHR02(ヤザワコーポレーション)

入浴中にラジオを聞きたいときには、防水ラジオの使用がおススメです。

普通のラジオだと水滴が掛かることで故障の原因になります。

また、シャワーを浴びるときに水しぶきが掛からないように気を遣うのも面倒です。

そこでこのページでは、入浴時に使える防水型のラジオをご紹介しています。

これを使えば、入浴中に水しぶきが飛ぶことを気にせずラジオが聞けるようになります。

入浴中でも水しぶきを気にせず使えるシャワーラジオ。

お風呂場でも使えるラジオとして販売されているのが、シャワーラジオICF-S80

ソニーから販売されているロングセラー商品です。

シャワーラジオICF-S80の水に対する強さは、IPX4相当とされるもの。

IPX4は、全方向からの水しぶきに対して本体が保護されるという性能。

乾電池を入れるところも、蓋が完全に閉まりロックされるので水が入ることもありません。

シャワー中に水滴が飛んでラジオに掛かる。

そういうことを気にせず使えるラジオというわけです。

シャワーラジオICF-S80のおすすめポイント。

  • 水しぶきが掛っても大丈夫ラジオであること。
  • シャワーの音に負けない音量が出せること。
  • ワイドFMも聞けること。
  • 時計が表示されること。
  • カウントダウンタイマーが使えること。

シャワーラジオICF-S80は、ラジオ本来の機能としても充分な作りになっています。

まず、音を大きくできること。

入浴中にラジオを聞くとなると、シャワー音に消される心配があります。

その点、最大500mwの出力で音を大きくできるようになっています。

AMラジオの受信感度が悪い場合に備えたワイドFM機能も搭載。

マンションなどAM放送が聞きづらい場所でも、ワイドFMを使用すれば電波をしっかり受信できます。

さらに、カウントダウンタイマー機能がついているのも便利な点です。

デジタル表示される時計が付いていますが、タイマーが使えるのは一層便利。

例えば、15分で入浴終了や10分は湯船に浸かりたいときにカウントダウン式のタイマーが使えます。

※商品名 シャワーラジオICF-S80(SONY)

受信バンド FMワイド、AM
受信周波数 FM:76MHz-108MHz/AM:531kHz-1,710kHz
電池持続時間 約100時間
スピーカー径 7.7cm
スピーカー出力 500mW
サイズ 約145×128.4×62.1mm
質量 約575g(電池含む)
電源 乾電池(単2形×3本)
付属品 FMアンテナコード壁固定用吸着盤、お試し用単2形乾電池×3
JANコード/ISBNコード 4905524994667

防水というけれど、本当はどこまでの防水?

水滴が掛っても大丈夫なシャワーラジオICF-S80をご紹介してきました。

ここまで防水や防滴という言葉を何回も使ってきました。

ただ、実際にどこまでの防水なのかというのは気になります。

その点、水しぶきが掛かる程度なら大丈夫というレベルの防水性能です。

そういう意味では防水は誤りで、防滴というのは正しい表現です。

長い時間水しぶきに当て続けることもできません。

もちろん、湯船の中に入れることも厳禁です。

あくまでも水滴が多少かかる程度ということになります。

とはいっても、シャワーを浴びているときに多少水が掛ってしまう分には問題ありません。

シャワーを浴びていても、あまり水しぶきが掛からないような所に置いておく。

もしくは、付属のストラップを使って掛けておけばよいということになります。

また、お風呂以外の海やプール、温泉やサウナといった場所でも使えません。

長く使うためにもその点にも注意しましょう。

入浴中に使えるラジオ まとめ。

入浴中にラジオが聞きたい場合に便利な、シャワーラジオICF-S80をご紹介しました。

シャワーを浴びながら、また湯船に浸かりながらラジオが聞けるようになります。

野球の経過が気になってお風呂になかなか入れない。

お気に入りの番組があるからお風呂はあとにしよう。

シャワーラジオをお風呂場に置いておけば、こういったことがなくなります。