起立介助チェア 立介(たすけ)

椅子から楽に立てる介助チェア、座る方、介助する方の双方の負担が減らせます。

椅子に座った状態から立ち上がる動作は、年配の方など、足腰に不安がある方にとっては、大変な苦労を伴うものです。

特に、自力で立つことが難しい方は介助してくれる方も必要になります。そうなると、座っている方、介助する方、双方の負担になります。

そこで今回は、立ち上がる動作を、座面の動きでサポートしてくれる椅子をご紹介します。

これを使えば、椅子から立ち上がることがグンと楽になり、上の写真のような負担が大幅に軽減されるようになります。介助する側にとってもメリットのある椅子といえます。

座った状態から立つことが楽になる介助チェア「立介(たすけ)」。

椅子から立ち上がる際に、座面が適度に上がることで、スッと立てるようになる。

これを実現したのが、起立介助チェア 立介(たすけ)、という商品。椅子専門メーカーのサンケイから発売されています。

この立介の特徴の一つが、電気や電池を使わないことにあります。

座面が持ち上がる、と聞くと、電動アシストをイメージしがちですが、この立介は違います。電気や電池を一切使いません。

利用するのは、座面の下に設置されたガスシリンダーと、自分の力。

座っている方が立ち上がろうとする動きに合わせて、適度に座面が上に持ち上がる仕組み。これが非常にスムーズな動き。

立ち上がる際には、肘掛け部分をもって、ゆっくりとお尻を上げれば、座面も同時に持ち上がるのでスッと立てる、というわけです。

電気を使うタイプの、電動式の強過ぎる力とは異なるため、安心感もあります。

起立介助チェア 立介、のおすすめポイントは、
・立つ動作をサポートする機能がついたイスであること。
・座る際に、座面が高い状態にあるので、座りやすいこと。
・電気や電池が一切不要なこと。
・介助者の負担が減らせること。
・椅子の専門メーカーが研究・開発していること。

座面が浮き上がった状態から座れるので、スムーズに、フワッと座れます。

立介には、座る際もスムーズな動作で座れるよう工夫が施されています。

というのも、誰も座っていないときには、座面の位置は約15cmほど高い状態。そのため、お尻と座面が通常よりも早く接触、支えが効くようになります。

その後は、特殊なアシスト機構により、スムーズに座面が落ちるので、お尻が落ちていくような感覚でフワッと座れるようになっています。

その他、
・ひじ掛け先端部は、しっかりと握れるような形状。
・フレームと座面の間は、隙間をあえて広めに作って、指が挟まっりすることのないよう安全面にも配慮。
など、至るところに工夫がなされているのは、椅子麺門メーカーならではの、こだわりといえます。

座る方、介助する方、双方の負担が大幅に減らせる、起立介助チェア 立介、おすすめの商品といえそうです。

※商品名 立介(サンケイ)
・商品種別 起立介助チェア
・サイズ W566×D568×H750(座面高さ435)mm
・重量 9kg
・推奨適合体重 40~80kg
・材質 フレーム:スチールパイプ、粉体塗装/背:ポリプロピレン樹脂成型品
、ウレタンフォーム/座:ポリプロピレン樹脂成型品、ウレタンフォーム、ガスシリンダー(起立補助機構)/肘:ABS樹脂成型品、木目調シート貼り
・カラー 全6種類(アイボリー、ディープブルー、ライトグリーンなど)

人気の記事

  1. ユカイ工学 BOCCO ボッコ
  2. ビオブロ ハローボックス(株式会社ジーピー)
  3. DC リビング扇風機 GRAND EDITION(アピックス)
  4. エアコンハンガー 平安伸銅工業
  5. コンパクトクリーナー スミサット CCS10(キングジム)

アーカイブ

PAGE TOP