置き忘れ防止対策におすすめのシール、シールを貼ったものから離れるとスマホに通知されます。

マモリオ フューダ(MAMORIO FUDA)(MAMORIO株式会社)

置き忘れや忘れ物は、モノが何であれ、避けたいところです。特に、財布や手帳、ノートパソコンなどは、絶対に置き忘れてはならいものです。

とはいえ、いくら注意していても、そこは人間。忘れてしまうこともあります。

そこで今回は、置き忘れを防ぐためのシールをご紹介します。

これを使えば、貼っておいたものと一定以上の距離に離れると、スマホに警告が通知されるので、置忘れることがなくなります。

シールを貼ったものと離れるとスマホに通知される置忘れ対策グッズ「マモリオ フューダ」。

例えば財布など、絶対に置き忘れをしたくないものに貼っておく。

すると、そこから一定以上の距離に離れると、離れたことをスマホに警告通知してくれるのが、マモリオフューダ、という商品。

MAMORIO株式会社から発売されています。スマホを利用する置忘れ対策シール、というわけです。

これまでにも、こういった類の置忘れを防止するためのグッズは、様々な販売されていますが、キーホルダータイプが主流。

その点、マモリオフューダは、シールになっていることが特徴です。サイズも、約2.4cm×3.6cm×0.3cmと非常にコンパクト。

キーホルダーだとつけづらかったものでも、ペタッと貼り付けることができるので、財布やノートパソコンアなどはもちろん、あらゆるものに使えるようになっています。

マモリオ フューダ、のおすすめポイントは、
・忘れ物、置忘れ対策ができること。
・一定の距離以上に離れると、スマホに通知してくれること。
・忘れ物をした際に、最後にどこにあったかをスマホで確認できること。
・ネットワークを利用して、忘れものを見つけられること。

使う際には、スマホに専用アプリをダウンロードして設定。とはいえ、さほど難しくはありません。

シールは貼り直すと粘着力が弱まるので、その点には注意が必要です。

駅や街のマモリオスポットに届くと、それが通知されるネットワーク機能も備えています。

マモリオフューダは、シールを貼ったものから一定以上の距離になるとスマホにそれを通知してくれるのが、主な役割ですが、それ以外にも便利な使い方ができます。

一つは、万一アラームに気づかず離れてしまった場合、そのものが最後にあった場所と時刻がスマホに表示されること。探すための大きな手掛かりになる機能といえます。

もう一つは、マモリオのネットワークが整備されていること。

駅や街に設置されたマモリオスポットに、シールを貼ったものが届くと、それがスマホに通知されるようになっています。

例えば、JR東日本であれば東京駅や上野駅。東京メトロの銀座駅や池袋駅などの、お忘れ物承り所や駅事務室などにマモリオスポットが設置されています。

ここにマモリオフューダを貼ったものが届くと、それが自分のスマホに通知されています。

このマモリオスポットは、駅以外にも、東京中央郵便局や、表参道ヒルズなどの街の商業施設などにも設置されており、さらに順次拡大中とのこと。

財布や手帳、ノートパソコンなど、置忘れの経験がある方、マモリオフューダを使って、置忘れ対策してみるのも一つの手かもしれません。

※商品名 マモリオ フューダ(MAMORIO FUDA)(MAMORIO株式会社)
・サイズ H24mm×W36.2mm×D3.4mm
・通信方法 Bluetooth4.0(Bluetooth Low Energy)
・重量 3.4g
・有効距離 約60m
・電池寿命 約1年
・電池寿命 約1年間(利用状況によって変化する可能性あり)
・電池 リチウム電池(電池交換不可、電池交換プログラムあり/有償)
・カラー 2種類(黒、白)
・JANコード/ISBNコード 4589671810164 ほか