ポータブルスーツハンガー

脱いだジャケット、どうしていますか?

脱いだジャケット、どうしていますか?ポータブルスーツハンガーならジャケットにシワを作らず持ち運べます。

気温の高い日が続きます。ここ数年はクールビズが推奨されておりラフな装いで仕事をする方も多く見かけます。しかしながら、職種によってはシャツだけでは済まされずジャケットを着用しなければならない、という方もいらっしゃるのが現実。

そういう方にとっては、せめてジャケットを脱げる移動の時間や休憩時間だけでも涼しく過ごしたいもの。でも、そんなときに脱いだジャケットをどうするか。

脱いだジャケット、気になるのがシワ。さらに、腕にかけていたりすると汗染みが着いてしまったりと、持ち運び方も悩むところ。

それを解決してくれるのが、ポータブルスーツハンガー。このポータブルスーツハンガーは、カバンの持ち手(ハンドル)に着けて、ジャケットを掛けられるという、ありそうでなかったアイデアグッズ。

実は、このポーターブルスーツハンガー、法政大学デザイン工学部の学生さんが企画・開発したもの。暑い中をリクルートスーツで歩く姿を見てアイデアを思いついたところは、いかにも学生さんらしい発想。

ポータブルスーツハンガーは、約8cm×23cmといわゆる一般的なハンガーと異なり非常にコンパクトな作りになっており、しかも重さは約80gと持ち運びに負担にならないように設計されています。

商品化直後から、ビジネスマンを中心に想像以上の売れ行きを記録しています。

脱いだジャケット、手軽に運べるポータブルスーツハンガー、おすすめです。

通常のスーツをかけるタイプは、ポータブル スーツ ハンガー>>

ちょっとしたコートをかけるタイプは、ポータブル スーツ ハンガー R型>>

人気の記事

  1. ジューサー
  2. やり直しができる、プラスチック粘土。
  3. 家庭で強い火力を実現したガスコンロ、Vamo(バーモ)
  4. Airpeak Speed(エアピーク スピード)(ビルマテル)
  5. センサーミラー BT1080(simplehuman・シンプルヒューマン)

アーカイブ

PAGE TOP