夏用 ワイシャツ

夏でも着られるワイシャツ、フレッシュマックス。

夏でも着られるワイシャツ、フレッシュマックス。特殊な生地の織り方によって汗染みを防いでいます。

「夏」「ワイシャツ」という言葉から連想するのは、まさしく「汗」「汗」「汗」。

クールビズが提唱され、定着してきてはいますが、やはり軽装で過ごすことができず、きちんとワイシャツを着用しなければならないビジネスマンの方も多いはず。

そういう方にとっては、出勤準備でワイシャツに袖を通した瞬間から、ジンワリと汗が出てくるこの季節。最寄駅まで歩くだけですでに大汗。電車に揺られ、さらに歩いてようやくオフィスに到着したときには、ワイシャツまで汗がびっしょり。

さあ、仕事をはじめよう、さあ、営業先に出かけようとは思いますが、気になってしまうのは汗をかいたころによる、ワイシャツへの汗染み。

腋の下から、首回り、お腹や背中が汗染みでまるで地図のようになってしまうなると、やはり見た目が気になってしまいます。

そこでおススメなのが、夏でも着られるワイシャツ、フレッシュマックスシャツです。

このフレッシュマックスシャツは、肌側で生じた水分(汗)をシャツの表面に貫通させることなく、蒸発スピードを高める仕組みを持っているので、水分(汗)が表側に出てくることがありません。言い換えると、汗染みができない、ということになります。

イギリスで開発された特殊な生地の織り方によって、肌側で生じた水分(汗)が流れるルートを調節、蒸発スピードを高める工夫がなされています。

しかも、使用しているのは100%、綿。したがって、綿100%のワイシャツながら、汗染みを作らない、という機能性を持たせてある、ということになります。

夏でもワイシャツ必須なビジネスマンの方にとって、汗染みを気にせずに着ることができる、まさに、夏向けのワイシャツ、フレッシュマックス。この時期、特におすすめです。

フレッシュマックスシャツ公式ストアはこちらから>>
フレッシュマックスブランドサイトはこちらから >>>

人気の記事

  1. ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ
  2. 粘土のように自由に形が作れる樹脂
  3. デニムの裾の長さを簡単に調整できるピン
  4. 水やりの面倒くささを解消、キューブ 自動給水プランター(ボスケ)
  5. Joseph Joseph ネストスチーム

アーカイブ

PAGE TOP