プラフレンド

アイデア次第でいろいろ使えるプラスチック、夏休みの宿題にも使使えるプラフレンド。

アイデア次第でいろいろ使えるプラスチック、夏休みの宿題にも使えるプラフレンド。

60℃以上のお湯につけると固かったプラスチックが、みるみる透明に。

そこで、お湯から取り出して、触ってみると固かったプラスチックがフニャっとして、まるで粘土のようになっています。

そこからはある程度時間との勝負。プラフレンドが熱を持っている間は、この柔らかい状態のまま。この柔らかい状態を利用して、自由自在に好きな形を作って後は冷めるのを待つだけ(水につけてもよいです)。

すると、元のプラスチックの固さになる、というよりも元のプラスチックになる、というのが不思議なプラスチック、プラフレンドです。

プラスチックなので、粘土とはまた違った光沢を持っていますので、マジックやアクリル絵の具で色付けすることもできます。粘土とはまた違った美しい色に仕上がります。

また、別売りのプラフレンドカラーを購入すれば、プラスチックそのものに色付けすることもできて、こちらもおすすめ。

プラフレンドのこの特性を活かすと、オリジナルのアクセサリーやフィギア、簡単な日曜大工など、アイデア次第で様々な用途にお使いいただけます。もちろん、プラスチック製品の簡単な修理などもできてしまします。

小学生や中学生のお子さんにとっては、夏休みの自由研究の課題探しの時期。プラスチックについて調べて、さらに、自分で何か作ってみる、修理してみる。こんな自由研究もよいかもしれません。

アイデア次第でいろいろ使える、粘土のように形が作れるプラフレンド、ぜひ一度使ってみてください。モノづくりが楽しくなるかもしれません。

※プラフレンド
商品名 プラフレンド(pla-friend)
材質 PCL(ポリカプロラクトン)
カラー 白(ホワイト、カラーは別売り)
サイズ 100g、250g、500g、1kg各サイズ

プラフレンド公式サイトはこちらから>>
楽天市場でお求めの方はこちらから>>
Amazonでお求めの方はこちらから>>

人気の記事

  1. ルルド バスピロー AX-KXL520rd(アテックス)
  2. 出張の必需品
  3. ウィンブルドン公式グッズ
  4. ゴルフノベルティー。
  5. ヘムジェム

アーカイブ

PAGE TOP