ペイントペンならボードスティックス

ペイントペンならボードスティックス。

ペイントペンならボードスティックス。発色の良さ、色の濃さが違います。

紙ではなく、固いものにペイントしたり、絵を描いたりするとき、皆さんはどのようなペンをお使いでしょうか。

ここにご紹介するのは、ガラスやプラスチック、ヘルメット、サーフボード、スキムボードなど固いものにペンとするために作られたペン、ボードスティックスです。

いわゆる通常のペン、と言われるものは多くが紙に描くことを前提にしています。そのため、紙に染みこむインクの量や流れ出るスピードなどを考慮して作られています。

そのため、固い物にものを描く場合にはインクのノリが悪かったり、イメージされている本来の色がでないということになります。

ところが、ボードスティックスは元々が固いものに描くことを前提に作られており、そのためのペン先の素材や構造・インクの量や質などが考慮されているため、イメージ通りの綺麗な仕上がりになります。

元々ボードスティックスは、サーフィンとアートをこよなく愛する一人のアメリカ人によって作られたものです。彼が趣味にしていたのはサーフボードに絵を描くこと。

しかし描けども描けども、思い通りの綺麗な発色にはならないこと、また一度間違えるとなかなか修正ができないことにイラダチを募らせていました。

そこで彼は、自分で納得の行くペンを作ってしまおうと研究を重ねて完成させたのがボードスティック、というわけです。

ボードスティックスは発売直後から、彼のテリトリーであるサーフィンの世界でたちまち人気のペンとなり、さらに、スノーボード、スキー、スキムボード、BMXなどのアクティブスポーツ界に急速に広がりました。

さらに、プロのアーティストや、アートを趣味にしている人々に受け入れられ、そのペンの特性から、ショウウインドウなどのガラス、ギターなどの楽器など幅広い世界で使われるようになっています。

特にアクティブスポーツの世界ではボードスティックスブランドとしてボーダーをサポートするまでに至っています。

ぜひ、日本の皆さんもペイントペンをお探しならボードスティックをお試しください。

ペイントギャリーなどボードスティックス情報満載 公式サイトはこちらから>>
ボードスティックスのご購入はこちらから>>

ボードスティックス公式ストア

人気の記事

  1. Carry saKASA シティモデル(キャリーサカサ)
  2. ソーラーセンサーライト キューブ(アルファ工業)
  3. 窓ガラス発熱シート E1520(ニトムズ)
  4. ウインブルドン2014オフィシャルグッズ、数量限定のためまもなく完売。
  5. 電子タバコ 禁煙

アーカイブ

PAGE TOP