ポータブル スーツ ハンガー

仕事中にスーツを楽に運ぶ方法。

仕事中にスーツを楽に運ぶ方法。この暑さ、得意先訪問直前の移動まで、スーツの上着は脱いでおきたい、という方におすすめです。

暑い日が続きます。この暑さ、得意先回りの営業職の方など、クールビズというわけにもいかず、きちんとスーツの着用を求められている方には非常に辛いもの。

さすがに、自社内や移動中など、お客さんの前に出る直前までは、せめてスーツの上着は脱いでいたいもの。

ところが、脱いだスーツをどう運ぶか、ということも悩みのタネ。カバンにしまうのは、後でシワだらけになってしまうので、論外。

すると、後は腕にかけて持ち運ぶか、指に引っかけて背中に回して運ぶか、ということになります。

ところが、この2つの方法だと、腕にかけた場合は、腕にかく汗でスーツがビッショリ。背中に回していても、やはり背中が暑く、場合によっては背中の汗で、今度はスーツもワイシャツもビッチョリ、なんていうことになりかねません。

そこで、おススメなのが、コンパクトで軽量なのでカバンの中にも入るし、重たくもならないという、ポータブル スーツ ハンガーなるもの。

このポータブル スーツ ハンガー、元は法政大学の学生さんが、キャンパス内をスーツを手にして歩く就職活動中の学生を見てアイデアを思いついたというもの。

ビジネスマンの方にも使えるようにと、思いつきから研究を重ねて、使いやすく改良を重ねてようやく商品化されました。

通常は、邪魔にならないサイズや重さということもあり、カバンの中にしまっておきます。スーツを脱ぐ機会がきたら、それをカバンから取り出し、スーツを畳んでかけて、後は持ち手にかけるだけ。

一連の作業にかかる時間もほんのわずか。これなら、大事なスーツもシワになったり、汗でびっしょり濡れてしまう心配もありません。

脱いだスーツを楽に運ぶ方法、しかも、シワにならないポータブル スーツ ハンガー、おすすめです。

通常のスーツをかけるタイプは、ポータブル スーツ ハンガー>>

ちょっとしたコートをかけるタイプは、ポータブル スーツ ハンガー R型>>

人気の記事

  1. hatake 世界最小の畑
  2. サーフボードへのペイント
  3. 防水ノート、ライトインザレイン
  4. プラフレンドとiPhone 大きさを比較
  5. 裾上げテープ

アーカイブ

PAGE TOP