マニフォールドクロック

3Dで時刻を刻む、ちょっと変わった時計。

3Dで時刻を刻む、ちょっと変わった時計。見ているだけで何だか楽しくなります。

元は1枚の平面。それが時刻を表示するためにグルリと3Dの動き。

よく見るとそれは、人がらせん階段を昇っているようにも見え、また違う角度から見ると、人が円の中をグルグルと回っているようにも見える。

「見る人に楽しんでもらいたい」と時計に数学的概念を取り込んで、1枚の紙(エンデューロペーパー)を立体的に動かし、長針・短針を表すことで人気を呼んでいるのが、マニフォールドクロック。

このマニフォールドクロック、企画・製作はイスラエルのデザインスタジオ・スタジオベー。ホロン工科大学卒業のShay Carmon と Ben klingerの2人が立ち上げたスタジオ。

スタジオ創設者の1人である、Sheyは、「Riemann」という数学的概念を時計に持ち込むことで、立体的なマニフォールドクロックを作品に仕上げました。

もともと空想上の概念を作品にする、というコンセプトで活動していた2人は、マニフォールドクロックを完成させると、世界を目を向けた本格的な販売に乗り出すために、投資家を募ります。

すると想像以上の投資家が集まり、その数、なんと1,000人以上。それだけ2人に対する期待は高いものとしてされていました。

スタジオ創設直後から、マニフォールドクロックをはじめとする彼らの作品は、人気を呼び、瞬く間に世界へと広がりを見せており、なお、次々と新しい作品を発表し続けています。

そういう中でも彼らは、設計・生産をすべて自ら行うことで品質を維持することに努めており、その辺も彼らの作品が人気の要因ともなっています。

シンプルな白い壁紙に、ちょっと変わった壁掛け時計のマニフォールドクロック、見つめているのが、きっと楽しくなります。

スタジオベー日本公式サイトはこちらから>>
楽天市場でお買い求めのお客様はこちらから>>

3D時計マニフォールドクロック

人気の記事

  1. オリジナル ゴルフティー マイティー
  2. アルミサイクルハウス 2.5S型(アルミス)
  3. ケーブルやコードを判別、CABLE-ID(クレバーライン)
  4. スノーボードにアート描いてみませんか。
  5. パネもく! 松阪牛焼肉セット 300g(景品パーク)

アーカイブ

PAGE TOP