ウィンブルドン2014 ポロシャツ

錦織圭選手、日本人男子としては92年ぶりの8強 全米オープン。

錦織圭選手、日本人男子としては92年ぶりの8強 全米オープン。次は全豪覇者との戦い。

試合時間はなんと4時間19分。試合終了時には日付も変わって午前2時過ぎという長時間の激闘を制し、テニス、日本のエース錦織圭選手が、全米オープンでベスト8に進出しました。

これは、同大会日本人選手として1922年の清水善造選手以来、実に92年振りという快挙。

196cmと長身のカナダ・ミロシュ・ラオニッチ選手の高速サーブに苦しみながらも、最後は何とか勝利を掴みました。

次戦はベスト4をかけた準々決勝、相手はスイスのスタニスラス・ワウリンカ選手。ワウリンカ選手は、今年の1月に行われた全豪オープンで優勝している強敵。簡単な相手ではないですが、ぜひ、錦織選手らしいプレーを見せてもらいたいものです。

このテニスの全米オープンはグランドスラムと呼ばれるテニス四大大会の一つ。全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権、そしてその年の最後に行われるのが全米オープン。

ちなみに、錦織圭選手はこの四大大会の通算勝利数が35と、これも日本時選手歴代最高の記録を更新中です。

毎年8月の最終週から行われる全米オープンは、1881年に第1回が行われた歴史のある大会。テニスの大会といえば、ウィンブルドン選手権が話題になりがちですが、賞金総額や観客動員数ではこの全米位オープンはテニスの大会の中でも最大と大きな大会です。

さあ、2014年の四大大会の最後を飾る全米オープン、セミファイナルに向けて日本のエースに期待が高まります。

※お詫び
弊社では毎年ウィンブルドン選手権グッズを取り扱って参りましがが、
2016年につきましては、諸般の事情により販売を中止させていただいております。
楽しみにしておられたお客様には心より深くお詫び申し上げます。

ご購入を検討されておられるお客様におかれましては、
下記ショッピングモールで多少の取り扱いがあるようでございます。
そちらをご覧くださいませ。

最新の更新

カテゴリー

人気の記事

  1. 邪魔にならないザル、アルマジロ コランダー
  2. 穴掘りグローブ F9285(富士商)
  3. 吸盤式Bluetooth3.0ワイヤレススピーカー(TaoTronics)
  4. 汗ジミが目立たないシャツ。
  5. 音嫌い5号(日本ロックサービス)

アーカイブ

PAGE TOP