ジーンズの裾上げ

ジーンズの裾上げはできるだけ長くしておくべきか?

ジーンズの裾上げはできるだけ長くしておくべきか?裾上げを頼むときに持つイメージは?

お店に行ってジーンズを購入。すると、多くの人がその場で裾直しをしてもらうことになります。

そのとき、裾上げの長さはどうやって決めていますか?

いやいや、そんなのいつも同じで、印となるピンを留めてもらう店員さんとの会話は「長めですか?はい、もうちょっと長めですね?」なんて、こんな感じの方がほとんどではないでしょうか。

ところが、特に女性の方の場合、このジーンズの裾直しの長さを決めることは意外に重要なことだったと後から気づく方も多いはず。

なぜなら、履く靴に合わなってしまうことがあるからです。

裾の長さを決めるとき、たいてい頭の中であの靴に合わせようとイメージをするけれど、やはり違う靴にも合わせたい、ということもあるのではないでしょうか。

すると、パンプスやスニーカーには会うけれど、ヒールやブーツを履くのには長さが合わず、微妙に長さが合わない、ということになります。

いやいや、履く靴ごとにジーンズを揃えているわよ、そういう方はまったく問題ないのですが、1本のジーンズを色々な靴に合わせたい方の答えとしては、お持ちの靴でジーンズが一番長くてもしっくり来る長さに合わせておく、というのが正解です。

そこで、疑問に思うのが、都度裾の長さを調整することなんでできないじゃない!という方のための便利な商品がヘムジェムという簡単裾上げグッズ。

ピンタイプなので、調整したい長さにジーンズをロールアップして、折り込んで、ピンをさせば、あっという間に裾の長さが好みの長さになります。

裾上げテープのように、途中で剥がれてしまう心配もなく、繰り返し何度でも使える点も嬉しいところ。

ジーンズの裾上げはできるだけ長くしておいて、後は、履く靴に合わせてヘムジェムを使おう、ということでした。

人気の記事

  1. 鍋にかけられるお玉(アーネスト)
  2. 卓上IHコンロ 対面操作式 1400W(アイリスオーヤマ)
  3. POPキューブTVクッション(コジット)
  4. グングン吸水激絞りワイパー・ミニ AZ262(アズマ工業)
  5. 自分でできる裾直し、裾直し用ピン。

アーカイブ

PAGE TOP