透明になったらスタート!粘土のようなプラスチック。

透明になったらスタート!粘土のようなプラスチック。

お湯に入れて色が白から透明になったらスタート!粘土のようなプラスチック、プラフレンド。

「こんな形を作りたい」「あんな形ができるといいな」。イメージしている通りの出来上がりにするためには、躊躇は不要。透明になったら早速スタート!

というのは、粘土のように自由に形を作ることができて、仕上がりはプラスチックの固さ。というより本物のプラスチック。プラフレンドのお話です。

元々は白い小さな粒のプラフレンド。形づくりに必要な分だけを60℃以上のお湯の中に入れます。すると、白かった小さな粒がみるみる透明に。

透明になったところで、取り出せば、粘土のように柔らくなっているので早速、形づくりのスタート。

手でコネコネしても、丁寧に形を作ってもよいし、型抜きなどを使うのも一つの手です。

そうこうしていると、透明だったものが徐々に白に戻ります。これは、粘土のような状態が終了する合図。温度が下がると自然にプラスチックの状態、白くて固い状態に戻るのがプラフレンドの特徴。

出来上がったものに対しては、絵の具やマジックでの色を塗ることもできます。プラスチック特有の発色具合が楽しめるというのも、粘土との違い。綺麗な色に仕上げることもできます。

また、プラフレンドそのものに色をつけることもできます。

別売りのプラフレンドカラーを使うことで、もともとのプラスチックに色づけできます。

柔らかい状態で白(透明)とプラフレンドカラーを混ぜることになりますが、混ぜ具合によって、単色にもできるし、きれいなマーブル模様を作ることもできるので、違った楽しみ方もできます。

お湯に入れて、透明になったら形づくりスタート!アイデア次第で使い方も様々です!

※プラフレンド
商品名 プラフレンド(pla-friend)
材質 PCL(ポリカプロラクトン)
カラー 白(ホワイト、カラーは別売り)
サイズ 100g、250g、500g、1kg各サイズ

プラフレンド公式サイトはこちらから>>
楽天市場でお求めの方はこちらから>>
Amazonでお求めの方はこちらから>>

人気の記事

  1. SDカード録画式センサーカメラ SD1000(リーベックス)
  2. ボタンの縫い方忘れちゃった、そういう方におすすめの便利なボタンつけ道具。
  3. フリーサイズブックカバー(Beahouse)
  4. ながらダイエットに最適 机の付いたフィットネスバイク
  5. 防水形呼び出しチャイムセット X810R(リーベックス)

アーカイブ

PAGE TOP