サーフボードにペイントするときに必要なもの、4つ。

サーフボードにペイントするときに必要なもの、4つ。

サーフボードにペイントするときに必要なもの、4つ。準備ができたらボードに描いてみよう。

サーファーの皆さんのとっては、これから冬に向けてのシーズンは、波が比較的落ち着くオフショア(もちろん、地域にもよりますが)。

夏に比べて比較的空いているところもあり、この季節から本領発揮、楽しみにしている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そういったシーズンを前に、サーフボードにオリジナルの絵やイラストをペイントしてみませんか。お気に入りのサーフボードを、見た目も自分好みに仕上げる、というのも、ひとつの楽しみかもしれません。

サーフボードに絵を描いたり、ペイントしたりすること。未体験の方にとってはハードルが高く思えてしまい、どうすればよいのか、わからないという方もいらっしゃると思いますが、実はそれほど難しいことではありません。

サウンドペーパー(紙やすり)で、描く面に少しザラつきを与え、ペンで描き、乾燥させて、最後にクリア処理。これで完了です。

サウンドペーパーをかけたり、インクやクリア処理の感想など、多少時間はかかるかもしれません。が、やってみると意外と楽しく、ウキウキしながら作業ができるもの。

準備するものとしては、まずは、サウンドペーパー。200~240程度のサウンドペーパーがベスト。これをしっかりとすることで、せっかく塗ったインクが落ちにくくなります。ペイント予定の面にしっかりとやすりがけをしましょう。

次に、ペン。ペイント用のものは多種多数販売されていますが、おすすめは、アメリカ生まれのボードスティックス、というペイントペン。なんといっても、色の輝き・綺麗さが抜群。間違えても水で修正できる点も嬉しい所。

何より、このボードスティックスは、もともとサーフボードにペイントするために作られたペンであり、ボードに絵を描くには最適です。

そして、クリア処理用の透明の水性アクリルスプレー。塗ったインクの保護や、綺麗な仕上げのためには、欠かせません。

ボードスティックスは、水で濡らしたタオルなどで拭うと修正できます。間違えた場合にそなえて、タオルも用意しておきましょう。

サーフボードにペイントするときに必要なもの、4つ。サウンドペーパー、ペン、クリア処理用スプレー、タオル。

これらを準備したら、どんな絵を描くかをイメージして、早速ボードに描いてみましょう。きっと、素敵なオリジナルボードが出来上がるはずです。ぜひ、挑戦してみましょう。

ペイントギャリーなどボードスティックス情報満載 公式サイトはこちらから>>
ボードスティックスのご購入はこちらから>>

ボードスティックス公式ストア

人気の記事

  1. 居眠りウオッチャー ひとみちゃん(慶洋エンジニアリング)
  2. 靴用ドライヤー シューズドライヤー(RED SPYCE)
  3. 不思議なプラスチック プラフレンド
  4. あしもとスイッチファン(山善)
  5. ポケット増設ならアンダーフューズ。

アーカイブ

PAGE TOP