プラスチック粘土

プラスチック粘土、アイデア次第で使い方、自由自在。

プラスチック粘土、アイデア次第で使い方、自由自在。お湯につけるだけで柔らかくなるプラスチック。

アクセサリー、フィギア、クリスマスオーナメントなど、色々なものを作るときに重宝するのが、プラスチック粘土、という類のもので、その名を「プラフレンド」。プラスチックと友達になる、というイメージで名づけられています。

プラスチック粘土とは、一体、どういうことかというと、粘土のような柔らかくなって、色々な形を作ることができて、最終的な仕上がりはプラスチックの固さになるというもの。プラスチックの固さ、というのも、そもそもプラスチックなので当たり前なのですが。

このプラフレンド、元々は小さなビーズ大の大きなの白い粒。それを必要な分だけ取り出して、ボールなどにはった60℃以上のお湯の中に入れます。そのまましばらくすると、白い粒がみるみると透明になります。それが、作業開始の合図。

火傷に注意してお湯の中から取り出すと柔らかくなっており、粘土のような、ちょっと硬めのゴムのような、柔らかさになっています。そして、冷えて冷めると透明だったプラフレンドは元の通りに白くなり、また固さも元のプラスチックの固さに戻る、というわけです。

ですので、熱いうち、高い温度を保持している間に、形を作っていきます。慌てて形を作って失敗した、という場合にも心配はいりません。再び60℃以上のお湯の中に入れることで柔らかくなり、何度でも繰り返し使えます。

お子さまとのちょっとした遊びにも使えるプラフレンド、ぜひ一度お試しください。

※プラフレンド
商品名 プラフレンド(pla-friend)
材質 PCL(ポリカプロラクトン)
カラー 白(ホワイト、カラーは別売り)
サイズ 100g、250g、500g、1kg各サイズ

プラフレンド公式サイトはこちらから>>
楽天市場でお求めの方はこちらから>>
Amazonでお求めの方はこちらから>>

人気の記事

  1. いよいよ明日開催、ボードスティックスワークショップ、in湘南。
  2. 鍋蓋スタンド アピュイ マルチスタンド(八幡化成)
  3. 寝る姿勢は横向きがベスト、横向き専用枕
  4. ブラジリアンワックス
  5. 鮮度を保つしょうゆポンプ M(レック)

アーカイブ

PAGE TOP