スマピカ

スマホの液晶画面、保護フィルムの硬度が気になる方へ。

スマホ液晶画面、保護フィルムの硬度が気になる方へ。ガラスコーティングによる液晶画面の保護、その強さを実感していただきたい。

スマートフォンやタブレット端末の液晶画面、本体と同時に保護フィルムを購入する方がほとんど。そこで、気になるのが保護フィルムの硬度です。

カバンやポケットの中にスマホを入れておいて、何かモノに当たって保護フィルムどころか、液晶画面そのものに引っ掻きキズなどができてしまった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

最近ではさすがに高硬度のフィルムも発売されているようですが、やはり液晶画面をしっかりと守りたいという方におすすめしたいのが、保護フィルムではなくガラスコートによって画面を守る「スマピカ」。

液状になっているスマピカを直接画面に数滴垂らして、布で拭いて伸ばすことで画面をしっかりと守ってくれるというもの。

ガラスコートの硬度は今では車の窓ガラスの強化剤などにも使用されているほど、世界中でその硬度が認められています。

このスマピカも、日本塗装工業検査協会の「ひっかきテスト」で「鉛筆硬度テスト9H」、「モース硬度テスト」で「6」という高い数値を獲得、通常生活している分には液晶画面には傷がつかないことが実証されています。

鉛筆硬度テストとは、塗装によってできた被膜の硬さを測定するもので、この場合、コーティングによってできたガラス被膜の硬さを試験しています。

鋭く研いだ鉛筆の芯を折れない程度に押し付けて測定、その鉛筆の固さによって硬度を測定しています。使用する鉛筆は三菱ユニ鉛筆の6B~9H。したがって、9Hを獲得しているスマピカの硬度は最硬度を持つともいえます。

硬度のほかにもスマピカ(ガラスコーティング)による液晶保護にはメリットが。

・汚れや指紋がつきにくい。ついても落ちやすい。
・画面のチラつきが軽減される。眼の疲れを和らげます。
・画像が綺麗に、そしてはっきりとします。
・抗菌作用の働きによって、衛生的に使えます。
・パソコンや眼鏡、時計、鏡などにもお使いいただけます。

ガラスコーティング剤スマピカは、スマホやタブレットの液晶画面を守るほか、保護フィルムに比べて良い点がほかにもたくさん。

スマートフォンやタブレット端末の液晶保護、これからはガラスコーティングが主流になるかもしれません。ぜひ、ご利用ください。

【スマートフォンやタブレットの液晶保護 スマピカ】
・成分 フッ素系ポリマー素・ポリマー繊維素・セルロース繊維素・酸化チタン
・内容量 3cc
・パッケージサイズ 180×83×18mm
・重さ 15g

人気の記事

  1. 薫製シート(デルタトラスト)
  2. フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット(UCO)
  3. ポケットフォト スマートフォン連動プリンター(LG Electronics)
  4. ポータブル スーツ ハンガー R型。
  5. ボードスティックスのよくある質問

アーカイブ

PAGE TOP