ペイントペン ボードスティックス

ペイントペン、ボードスティックス、ピンクとライトピンクの違い。

ペイントペン、ボードスティックス、ピンクとライトピンクの違い。

抜群の発色力、色鮮やかな仕上がりで人気の究極のペイントペン、ボードスティックス。弊社が運営している公式オンラインストアでのセールスが好評です。

ただ、お客様からご購入の前にいただく質問で多いのが、同色系統の似たような色の違いがどの程度なのか、ということ。サイト上で表示しているカラーサンプルだと、今一つ分かりにくい、というのがその理由ですが、お客様にとっては当然のこと。

ということで、ライトピンクとピンクの違いがお分かりいただけるように、フィンに描いたものを掲載したのが上の写真です。

左がライトピンク、右がピンク。

軽くて明るい仕上がりがよければ、ライトピンク。落ち着いた感じにペイントしたい場合は、右のピンク。

ピンクのほかにも、ライトと通常版があるカラーが、グリーン、パープル、ブルー、オレンジなども同様な感じの色味です。

色数は豊富に26種類。究極のペイントペン、ボードスティックス。

アメリカで生まれた究極のペイントペン、ボードスティックス。サーフィンとアートをこよなく愛するブランド創設者ジェイソンが、サーフボードに綺麗にペイントしたい、という所から始まったのが、ボードスティックス。

世界中から取り寄せた様々なペイントペンを試しては描き、試しては描き、と使ってみたけれども、なかなか納得のいく仕上がりの色にならずに、それならば自分でペンを作ってしまおうと、完成させたのがボードスティックス。

「絵の具のような塗りごこち」「驚くほどの発色」。日本ですでにお使いいただいている方からも、ペイントペンとしてのクオリティーの高さに満足していただいているようです。

サーフボード、スノーボードなどのアクティブスポーツ、また、ギターなどの楽器類やガラス、要するに「紙」以外のものにペイントする際には、一度使っていただきたいペイントペン、ボードスティックスです。

ボードスティックス公式サイトではペイントギャラリー公開中>>

ボードスティックス公式ストア

人気の記事

  1. スワッグギア タイニー(バンデミック)
  2. 珪藻土体重計
  3. ハイブリット式加湿器 DKHS-351(ドウシシャ)
  4. FM/AMポータブルラジオ ICF-B09(ソニー)
  5. Home BBQ(ホームバーベキュー)(レコルト)

アーカイブ

PAGE TOP