クビンス ホールスロー ジューサー

うるさくないジューサー、クビンス ホールスロー ジューサー。

うるさくないジューサー。低音だから早朝でも夜でも使えるジューサーが人気です。

ジューサーといえば、スイッチを入れたときの「ゴォーー」「ガァーー」という爆音をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

地下鉄が走行する際に発する音は、90デシベル(db)程度とされており、一般的なジューサーが発する音はこれに近い70~80デシベルともいわれています。
※一般的な環境は30db程度。

「私も手作りで野菜ジュースを作って飲んでみよう」などと思い立ってジューサーを購入してみたものの、使い始めて数日でキッチンの棚の奥から出すことがなくなってしまう。

実は、その理由、ジューサーの手入れが面倒であること、さらに、この爆音が気になって使えないことにあります。

確かに、早朝または夜、休日などには音が気になってしまって、周囲のことを考えると、どうしても使うのに気が引けてしまうものです。

そういったジューサーの問題点を解決し、静かに使えることで人気を集めているジューサーが「クビンス ホールスロー ジューサー」。最大でも40~50デシベルと音をグッと抑えてあるので、早朝でも夜間でも周囲を気にせず使えるということで、人気を呼んでいます。

このクビンスのホールスロージューサー、人気の秘密は音だけではありません。ジューサーは一般的に「刃」を回転させて材料を粉砕するものがほとんどの中で、石臼の原理を利用して、低回転で圧搾する方式を採用しています。

低回転でじっくりと、ゆっくりと圧搾・搾汁することで、素材に含まれる栄養素、酵素などの損失を最小限に抑えることができ、栄養価が高く、喉越しのよいジュースを作ることができます。

クビンスで搾されたジュースは、市販のいわゆる「100%ジュース」と比較しても、栄養素が多く含まれているという実験データも出ているほどです。

さらに、嬉しいのが「手入れが簡単なこと」。本体を外して、刃に気をつけらながら慎重洗って、など面倒くささはありません。付属する専用ブラシで5つの部品を洗うだけで気軽に洗うことが出来ます。

静かで、低速圧搾方式で栄養成分を多く残し、手入れも簡単、と三拍子そろった「クビンス ホールスロー ジューサー」。2015年新型モデルは材料投入口も広くなり、材料を小さくカットする手間も省けるようになりました。おすすめです。

※クビンス ホールスロージューサー。
●商品名 クビンスホールスロージューサー
●型番 JSG-121W
●カラー ホワイト
●質量 (約)8kg
●外形寸法 (約)23 X 21 X 45cm(コードの長さ1.3m)
●定格電圧・周波数 AC100V・50/60Hz
●消費電力 約240W
●定格時間 30分
●材質 ABS、PC、STS304、 ステンレス
●セット内容
本体、容器ふた、押し込み棒、本体、スクリュー、ストレーナー、回転ワイパー,ドラム、
スマートキャップ、ジュースカップ、繊維質容器、豆腐用型セット(漉布含む)、
洗浄用ブラシ3種各1個、専用レシピ本、使用説明書、保証書
●メーカー保証 ご購入日より1年間
●注意事項 食洗器のご使用は出来ません。
※ご使用前に必ず使用説明を読み、操作などご理解いただき御使用ください。

人気の記事

  1. 灰汁取りのイライラを解消、あくとりスプーン(オークス/レイエ)。
  2. 停電センサー LEDサーチライト(ツインバード)
  3. 冷却タオル 必要なのは水だけ
  4. 個人向けカーシェアリング Anyca(エニカ)
  5. スマート印鑑(アンディ)

アーカイブ

PAGE TOP