ピーターラビットグッズ 木製パズル 

ピーターラビットのカフェが自由が丘にオープン。

ピーターラビットのカフェが自由が丘にオープン。ピーターラビットの世界が楽しめます。

ピーターラビットファンの方には嬉しいニュース。3月19日に東京・自由が丘にピーターラビットの公式カフェがオープンするそうです。

店内は、ピーターラビット発祥の地、イギリスらしさでデザインされ、ピーターラビットの絵本やアートを鑑賞できるようになっており、また、エントランスはイングリッシュガーデンが再現されています。

メニューはピーターラビットの絵本に登場する素材や、ピーターラビットの世界感を形にしてあるものが予定されています。また、店内ではグッズなども販売されるようなので、ゆっくりとしたティータイムを過ごしながら、お買い物も楽しめる、ピーターラビットの世界に浸れるひと時を過ごせる空間になりそうです。

このピーターラビットカフェ、自由が丘に続いて3月31日には、町田店もオープン予定。

●「ピーターラビット ガーデンカフェ 自由が丘本店」
住所 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-25-20 自由が丘MYU 1F
営業時間 11:00~22:00

●「ピーターラビット カフェ 町田モディ店」
住所:東京都町田市原町田6-2-6 町田モディ 9F
営業時間:午前11時~午後11時
※お問合せや各店の休業日など正式な情報はこちらをご覧ください>>

こちらも人気、ピーターラビットのユニークな木製パズル。

カフェとは別のお話になりますが、現在、人気になっているピーターラビットグッズが木製ジグゾーパズル。木の温もりを感じられるジグゾーパズルは、午後のちょっとしたリラックスタイムのにぴったり。

このピーターラビットの木製パズル、製造元は、これもイギリスでパズルブランドとして人気のウェントワース。いってみれば、ピーターラビットとウェントワースのコラボレーション企画グッズともいえるもの。

ウェントワースのパズルは、精巧なアート技術によって作られているのはもちろん、その仕上がりのユニークさでも人気を呼んでいます。

そのユニークさとは、まず「隠しピース」。通常ランダムな形にカットされているピースの中に、デザインに関連する形にカットされているピースが含まれている点。

さらに、ジグゾーパズルといえば「まずは角を揃えること」が鉄則ですが、このパズル、角が角とわからないように作らています。40ピースほどのジグゾーパズルですが、やり応えのあるパズルに仕上がっています。

ピーターラビットの木製ジグゾーパズル、フアンの方におすすめです。

ピーターラビット 木製ジグゾーパズル
・商品種別 ジグゾーパズル
・ピース数 40ピース
・完成サイズ 125×87mm(厚さ3mm)
・パッケージサイズ 85×85×25mm
・素材 木材(medite社製MDF 中密度繊維版)
・生産 イギリス

デザインは3種類
・ピーターとその仲間たち(Peter Rabbit and Friends)
・ピーターとイースター(Peter Rabbit Burrow at Easter)
・ピーターと野菜畑(Vegetable Garden)

ウェントワース 木製ジグゾーパズル のご購入はこちらから>>

人気の記事

  1. 汗をかく季節、シャツの汗ジミ気になりませんか?
  2. スタンド型ビアサーバー GH-BEERF-BK(グリーンハウス)
  3. 海外のチケットが買えるVIAGOGO
  4. 乾燥機用ウールボール(PLEMO)
  5. サンナホル WMローションのお試しセット

アーカイブ

PAGE TOP