ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックス選びのポイント2つ。

ブラジリアンワックス選びのポイント2つ。簡単だけど、肌に直接触れるもの、ワックス選びは慎重に。

サロンに通わなくても自宅で簡単に脱毛できる、ブラジリアンワックスが人気を呼んでいます。

確かに、サロン通いするとなると、その費用はバカになりません。さらに、当然サロンに通う必要がありますが、都合のよい時間に空いてない、など忙しい方々にとっては、自宅で好きなときにできる「自分脱毛」は魅力的なのかもしれません。

そこで、脱毛用ハードワックス、ブラジリアンワックスを使用する、ということになりますが、気をつけたいのは「どのワックスを選ぶか」ということになります。

肌に直接触れるもの、日本語説明書などが付属しているかどうかは、重要なポイントです。

海外輸入品が多いブラジリアンワックス。まずは、しっかりとした日本語説明書が付属していることかどうかがポイントです。

通販で購入してみたはよいけれど、説明書が英語や韓国語、中国語などの外国語であるために、何が書いてあるか分からない、というものは避けた方がよいです。

「ワックス塗って剥がすだけ」と割と簡単なイメージで使用される方も多いようですが、そこは、肌に直接触れるもの、万が一のためにも、メーカーが定めている方法通りに施術できるように、また、注意書きにも目を通すことは必須事項です。

なぜなら、海外生産のものについては、日本向けに生産されたものは別として、海外の文化や習慣、常識を前提にして様々なことが規定されていることが多く、我々日本人からすると「えっ!」と思うことも多々あるためです。

肌を痛めないような工夫がなされているかどうか、見極めましょう。

ブラジリアンワックス選びについての2つ目のポイント。肌を痛めないような工夫がなされいるかどうか、という点も重要です。

簡単に施術できる、といってもそこは直接肌に接するもの、気を使ってあげたい点です。中には、ケアするためのものが全く付属されておらず本当にワックスだけ、というものもあるようです。特に、普段から肌の弱い方は、十分な注意が必要です。

写真は、アメリカで生産・販売されている「サージ ブラジリアンワックス」。肌を痛めないようワックス前に塗るプレエピレーションオイルが付属されていることや、電子レンジで温めるだけで使える、価格も手頃、で人気のブラジリアンワックスです。

気になるムダ毛の処理、自宅で簡単にできる「自分脱毛」。ワックス選びは慎重にしたい所です。

※サージ ブラジリアンワックス
●商品名 サージ ブラジリアンワックス(SURGI BRAZILIAN WAXING KIT)
●商品種別 脱毛剤
●商品サイズ 9.0cm x 7.2cm x 6.0cm
●内容量 ワックス(25%増量):141g/脱毛前処理オイル(プレエピレーションオイル):3.6ml
●メーカー(原産国) アメリカ合衆国
●成分(脱毛用ワックス)
ダイズ油、イソノナン酸グリセリル、ミツロウ、水添ロジン酸メチル、グリセリン、パラフィン、ダイズ油、パルミチン酸エチルヘキシル、メチルパラベン、プロピルパラベン、酸化チタン、赤225、青1
●成分(はく離用オイル)
ダイズ油、イソノナン酸エチルヘキシル、酢酸トコフェロール、ブドウ種子油、スクワラン、BHT、緑202

サージ ブラジリアンワックス(日本語説明書付)のご購入はこちらから>>

人気の記事

  1. 水素水 作り立て
  2. いよいよ明日開催、ボードスティックスワークショップ、in湘南。
  3. プラフレンドで箸置きを作ってみました。
  4. ひんやりタオルは肌触りよく、やさしい冷たさのCCT冷感タオル。
  5. 裾直しの悩みを解決するピン ヘムジェム

アーカイブ

PAGE TOP