人気のペイントペン。

絵の具のような塗り心地、鮮やかな発色、評判のペイントペン。

絵の具のような塗り心地、鮮やかな発色、評判のペイントペン。インクやペン先の素材や構造などにこだわった究極のペイントペン、ボードスティックス。

「まるで絵の具のような塗り心地に、仕上がりの色がとても鮮やかでびっくりしました。」。これは、とあるアーティストが初めてボードスティックスを使った際のコメント。

絵の具のような塗り心地に、鮮やかな発色が評判のペン、ボードスティックスのお話です。

多くのペイントペンは「紙」に描くことを想定して作られており、インクの「紙へのにじみ」も計算されています。紙に描くとなると、想像通りの色になる反面、これを「固い物」に使うと、当然本来のインクの色とは異なり仕上がりになっており、多くは色がくすんでしまったりします。

そこに不満を持ったのがジェイソンというアメリカ人。彼は、サーフボードへのアートペイントを趣味にしていました。多くのボードにペイントするうちに「もっと綺麗に・鮮やかに仕上げたい」という想いが強くなり、世界中のペイント用ペンやマーカーを試します。

ところが、彼が思ったような仕上がりになるペンはなく、であるならば、自分で一から納得のいくペンを作ろう、と思い立ったのが、このボードスティックスのはじまりです。

そうしてできたボードスティックスは、インクの質や素材、ペン先の素材や構造、インクが流れ出る量など、「固い物」にペイントするのにふさわしいペンとなり、まさに「究極のペイントペン」というにふさわしいものになりました。

ボードスティックスは、彼の当初の目的であったサーフボードへのペイント用として発売されましたが、その質の高さから、サーフボード以外の「固い物」にペイントするためのペンとしてあっという間に広がりました。

今では、多くのサーフボーダーのみならず、アーティストのサポート活動をするに至っています。

ペイントペンをお探しなら、ボードスティックス、おすすめです。

ボードスティックス公式サイトではペイントギャラリー公開中です>>

ボードスティックス公式ストア

人気の記事

  1. ひんやりグッズの定番、CCTタオル。
  2. カセットテープ変換プレーヤー(サンワダイレクト)
  3. 北陸新幹線グッズ
  4. 裾の長さを調整できるピン ヘムジェム
  5. コードレスお風呂スピーカー フロ・スマ(ドンキーボックス)

アーカイブ

PAGE TOP