熱中症対策グッズ

ひんやり冷感が心地よいCCTタオルで今年も暑さ対策を。

気象庁の一か月予報、平年よりも気温が高い確率60%。ひんやり冷感が心地よいCCTタオルで今年も暑さ対策を。

5月の一か月予報、平年より暑くなる確率は60%と高い確率です。

今年もあっという間にゴールデンウィークに突入です。3月末に気温の高い日が続いたかと思えば急に涼しくなったり、ここへきて北海道では早くも30℃を記録するなど、特に日中の気温が非常に高くなっています。

気象庁の長期予報(一か月版)を見ても、5月の気温は平年より高くなる確率が60%と暑い日が続くことが予想され、数年前の猛暑が頭をよぎります。

気象庁発表の季節予報はこちらから>>

暑くなりはじめのこの時期こそ、注意が必要な熱中症。特に、お子様やご年配の方は周囲の方の気配りが必要です。

この気温の高さで注意したいのは熱中症です。熱中症は暑さのピークである7~8月よりも、暑くなり始めの5~6月にかけては十分に注意したいところ。

というのも、まず身体が暑さになれていないことが大きな理由です。最近の日本は、心地良く過ごせる季節が非常に短く、肌寒く感じた翌日からは一気に夏のような気温になるなど、身体が慣れていないうちの気温の上昇は非常に危険です。

また、心構え的なことも理由にあげられます。梅雨明け前後のいわゆる「夏」は、自然と暑さ対策をするものですが、夏前、初夏については「まぁ、大丈夫だろう」という気持ちでいることが多く、これが意外と落とし穴になっています。

特に、お子様やご年配の方の周囲にいらっしゃる方は、こまめな水分補給、休憩、冷房器具の適度な使用など配慮するようにしましょう。

熱中症対策・暑さ対策におすすめのクールタオル「CCTタオル」。

そこで、特に屋外にでるときの熱中症対策・暑さ対策はどうするか、ということになりますが、おすすめはやはり首回りを冷やすことのできる、いわゆる「クールタオル」「ひんやりタオル」ということになります。

これらも様々な種類が販売されていますが、「CCT」ブランドでおなじみのCCT冷感タオルは特におすすめです。

使用する際には凍らせておいたり、氷を用意する必要がないこと。また、凍らせたものを用意しておくなどの必要もありません。常温の水さえあればよく、水に濡らして、絞って、パッと開くだけで冷感が作動するという手軽に使えます。

また、急激な冷たさ、「キーン」という冷たさはないものの、「心地よいヒンヤリ感」が持続するので、小さなお子様から、ご年配の方まで幅広い年齢層にお使いいただけます。

ヒンヤリ感がなくなれば、タオルに水分が含まれているうちは、パッと広げることで冷感が戻るので、外出先でも何度でも繰り返し使えます。

肌触りもよく、乾いてもゴワゴワしないので首回りの弱い方にも心強い味方になってくれます。

ぜひ、これからの季節の熱中症対策・暑さ対策に「ひんやり冷感、CCTタオル」をおすすめです。

CCT冷感タオル公式サイトはこちらから>>
お買求めはCCT冷感タオル公式ストアで>>
楽天市場でお買い求めの方はこちらから>>

CCT公式ストアへ

人気の記事

  1. プラフレンドを使ってオリジナル作品を作ろう。
  2. オリジナル ゴルフティー マイティー
  3. クールタオルをお探しならコレ、おすすめポイントのご紹介。
  4. 綿100%の着心地が楽しめて、汗染みの心配もいらないワイシャツ。
  5. かどまるPRO(サンスター)

アーカイブ

PAGE TOP