ダニ捕獲シート

生きているダニを集めることに意味がある?

生きているダニを集めることに意味がある?効果的なダニ対策は?

ゴールデンウィークも終わり、季節は夏へと向かいますが、その前に梅雨という少々鬱陶しい気候になります。気温も高く湿度の高い、いわゆるジメジメした状態。人間にとっては非常に辛い時期ではあります。

一方、この時期を今か今かと待っているのが「ダニ」。梅雨どきの温度と湿度はダニが爆発的に増加するいわゆる繁殖期でもあるため、家庭内でも早めの対策、注意が必要です。

一匹のダニが一生に産む卵は約100個。一組のツガイがなんと30万匹にも増えるという爆発的繁殖力を持つダニ、刺されたときに痛みやかゆみはもちろん、小児ぜんそくの原因になってしまうなど、非常に広範囲にわたって害を及ぼします。

では、効果的なダニ対策、おすすめのダニ退治用品は?

そこで、効果的にダニを退治する方法は、ということになります。今では、ダニ専用クリーナーやダニ用殺虫剤など、ダニ対策商品は様々販売されていますが、おすすめは、いわゆるダニシート、と言われいるもの。中でも、「Getダニ捕獲シート」はカタログ・ラジオ・テレビ通販などで累計100万枚以上を販売しており実績も抜群で安心してお使いいただけます。

なぜ、ダニ捕獲シートが有効なのか?

それは、生きたままダニを誘引しシートに粘着させるという方法を取っていることがポイントです。

掃除機やクリーナーなどは、たしかに生きたままダニを吸引することも一部で可能です。しかしながら、殺傷能力を持っているわけではありませんので、吸引したダニを、別の場所をクリーナー掛けする際に放ってしまう可能性もあります。

それに比較し、ダニ捕獲シートは、生きたままのダニを食品添加物由来の誘引剤でおびき寄せ、強力な粘着シートに貼り付けます。そのため、繁殖を抑えることはもちろん、アレルギーの原因となるダニの死骸やフンなどが飛び散る心配もありません。

また、圧倒的に使いやすいことも、ダニ捕獲シートをおすすめできるポイントです。

もちろん、布団を天日に干したり、掃除機・クリーナー掛けを併用が一番望ましいのは前提ですが、ダニ捕獲シートは、ダニが生息しやすい場所、気になる所(カーペット、ソファー、ベッドや布団など寝具の下、押し入れのスノコの下)においておくだけで、約3ヵ月もの間、効果を発揮します。

日々、仕事や育児・家事など、忙しくて時間がない方にとっては、最低限のダニ対策としても非常に有効です。

ぜひ、これからの季節、忘れてはならないダニ対策に「Getダニ捕獲シート」、おすすめです。

Getダニ捕獲シート専用オンラインストア>>

GETダニ捕獲シートは楽天市場でもお買い求めいただけます>>

人気の記事

  1. ダニシート 効果
  2. レグぽか・スリム(龍野コルク工業株式会社)
  3. サンナホル 風にのって
  4. 出張の必需品
  5. 目覚ましマット ニドネン(サンコー)

アーカイブ

PAGE TOP