サーフワックス 選びのポイント

サーフワックス、選ぶときのポイントは?

これからの季節「熱への強さ」も考慮したい、サーフワックス、選ぶときのポイントは?

気温・水温ともにだいぶ上がってきており、本格的なサーフシーズンといえる季節になりました。

波に乗る準備として大切なのがボードにワックスを塗ること。ワックスを塗っておくことで、滑り止めの役割を果たし、ボードに立ったときの安定感が違います。しっかりと準備をしておきたいところです。

とはいえ、サーフワックスといっても様々なメーカーから、様々な種類のワックスが販売されており、どれを使えばよいのか、というのは悩みどころです。

もちろん、塗り易さやグリップ力など、ワックス選びには色々なポイントがありますが、一方で、多くのサーファーの方が抱えている悩みが、実は「ワックスが熱に弱い」ということです。

これからの季節、炎天下ではもちろん、車の中や物置の中などあらゆる所でかなりの高温になります。すると、保管しておいたワックスやボードに塗ったワックスが溶けてドロドロになってしまったりもします。

ということで、ワックス選びのポイントとして「熱への強さはどうか」という点も重要な要素となってきます。

この点でおすすめなのが、フランスメーカーであるグリーンフィックスのサーフワックスです。このグリーンフィックスのワックスは、サーファーの世界共通の悩みであった「熱への弱さ」を克服するために作られたワックスです。

ワックスの種類によっても多少異なりますが、BASE(ベース)であれば、約70℃までの耐熱温度。水温24℃以上に適したTROPICAL(トロピカル)でも約65℃までの耐熱と、これまでのワックスとは比較にならないほどの耐熱性を持っています。

さらに、グリーンフィックスの優れた点は、オーガニックであること。石油などを使用せずに製造されていることから、身体にはもちろん海や砂浜など環境にも配慮されています。

これからの時期のサーフワックス選びのポイント「熱への強さ」で決めるなら、グリーンフィックス サーフワックスおすすめです。

グリーンフィックス日本版公式サイト

グリーンフィックス 日本版ブランドサイトはこちらから

人気の記事

  1. 衣類乾燥機カラリエ IK-C300(アイリスオーヤマ)
  2. 汗染み防止
  3. 除菌剤
  4. DRYING SACK(ドライングサック soil)
  5. 裾直し用

アーカイブ

PAGE TOP