夏用サーフワックス

夏用のサーフワックスといえばコレ。

真夏の炎天下でも溶けない、車の中に置きっぱなしでも溶けない。しかも、天然成分だけで作られている自然派のサーフワックス。

これからの季節、サーファーの方にとって頭の痛いのがサーフワックスが熱でドロドロに溶けてしまうこと。

天気も良く、気温や水温も丁度良い、晴れ晴れとした気分で、さぁこれから海に出るかといったときに、せっかく塗ったワックスがドロドロに溶けてしまってた、という経験ありませんか。

夏場ともなれば、30℃以上の気温は当たり前、さらに車の中などは50℃以上になることもしばしば。そうなると多くのサーフワックスはドロリと溶けてしまいます。

実は、数年前までこの夏場にサーフワックスが溶ける、ということは日本のみならず、世界中のサーファーの大きな悩みでありました。

そこに登場したのが、フランスで生まれたグリーンフィックスという「熱に強い」サーフワックス。このグリーンフィックスの登場は、それまでのサーファーの悩みを一気に解決することになります。

最高耐熱温度はなんと、「70℃」(種類によっても異なります)。これによって、炎天下でも溶けないのはもちろん、車の中に入れっぱなしででも大丈夫になりました。

さらに、このグリーンフィックスの凄いところは、自然派原料のみによって作られていることです。

環境を考慮した製品を使用すべき、というのは世界的スタンダードになりつつあります。海や砂浜という自然を利用するサーフィンの世界ではなおさら配慮したいところです。

グリーンフィックスはこの点にも当然配慮。石油成分を一切使用せず、天然素材のみで作られており、地球環境にも優しいサーフワックスといえます。

もちろん、サーフワックス本来の用途としてのグリップ館などもポロボーダーのお墨付きを得ています。

これから本格的な夏に向かっての季節、夏用サーフワックス、グリーンフィックス、おすすめです。

グリーンフィックス日本版公式サイト

グリーンフィックス 日本版ブランドサイトはこちらから

人気の記事

  1. 触れる図鑑 Vol9 つかめる水キット(ライブエンタープライズ)
  2. 冷えるタオルの団体様向け、大量購入制度。
  3. おしゃべりみーちゃん(パートナーズ)
  4. 超撥水風呂敷 ながれ カラフル(朝倉染布)
  5. 汗が生地を貫通しないから「染み」にならないワイシャツ。

アーカイブ

PAGE TOP