焼き過ぎ注意を教えてくれる紫外線計測リストバンド。

焼き過ぎっ! を教えてくれるリストバンド。

こんがり小麦色の肌になりたい、だけど、焼き過ぎには注意。日焼け止めの効果を加味して紫外線を受けた量を計測、警告を発してくれるリストバンド。

気温も高くなり、日光浴の気持ちの良い季節になりました。さらに、もう1ヵ月ほどするとプールや海水浴など、本格的な水遊びも非常に楽しみ。

一方で、注意したいのが紫外線。この時期、やはり1年を通して紫外線の強く、女性の方、小さなお子様などは、将来、肌を健やかに健康に、綺麗に保つためにも屋外に出るときなどには何等か対策が必要です。

オーストリアやヨーロッパ、アメリカの一部の国、また地方では、日焼けマシーンの商業利用が禁止されたり、子供の水着に関しても基本的には上半身着用、長袖がオーソドックスになるなど、世界的に見ても、日焼け・紫外線への対策は年々強化されています。

というのも、やはり過度な日焼けは、皮膚がんを誘発する可能性が高いことが、近年の研究結果で明確化されてきています。世界的に見れば、医学界だけではなく、様々な方面から警告が出されているのは事実です。

日本ではまだまだこの点遅れているような印象を受けますので、ご自身で身を守ることが必要になってきています。

それでも、やはり夏は小麦色の肌がいい、という方のために。

紫外線が身体によくない、皮膚がんに罹患する可能性が高まる、ことは承知はしているけれど、やはり夏は海やプールで遊びたい、小麦色の肌にしたい、という気持ちも分かります。

ということで、日焼け止めを塗りつつ日光浴を楽しんでおられるようですが、その日焼け止めの使い方にもちょっとした注意が必要です。

というのも、「日焼け止めも朝屋外に出たときに塗ったら、一日中効果が持続するものではない」ということです。

当然、身体と同様に、日焼け止めも、空気に触れ、水に触れ、日光に触れるわけですから、肌を保護する効果は薄れてきます。ですので、タイミングを見計らって塗り直す必要があります。

では、その日焼け止め、どうやって塗り直しのタイミングを知ればよいのか?

日焼け止めも朝一番でしっかり塗ったとしても一日万能ではない、ということはわかりましたが、ではその塗り直しのタイミングはどうするのか、という点が問題になります。

日光を浴びた量などは当然個人差があります。日によっては、強い日差しを浴びっぱなしということもあれば、晴れたり曇ったり、その日の天候によっても差異が生まれるため、一概に、何時間ごと、というような目安は作れないのが現実です。

そこで、開発されたのが、個人の紫外線を浴びた量を計測して、危険度を色の変化で教えてくれるリストバンド「UVサンセンス リストバンド」です。

このリストバンドが優れている点は、紫外線を浴びた量を測るだけではなく、日焼け止めの効果も加味したうえで、「日焼け止めを塗り直した方がよい」「いくら日焼け止めを塗っても今日は日光を浴びない方がよい」などを教えてくれることです。

軽くて手軽にはめられる使い捨てタイプのリストバンドなので、小さなお子様でも簡単に着用できる点も便利なところ。

焼き過ぎっ! を教えてくれるリストバンド、これからの季節に活躍してくれそうです。

UVサンセンス リストバンド 楽天市場でお買い求めの方はこちらから>>

人気の記事

  1. サンナホル WMローションのお試しセット
  2. フードハガーズ(Food Huggers)
  3. ダニ退治には日本製
  4. 汗染み対策必須の時期、ワイシャツはコレ。
  5. サンナホル ナチュラル トリートメント シャンプー お試し

アーカイブ

PAGE TOP