液晶保護はガラスがおすすめ

スマホ・携帯、液晶保護はガラスがおすすめ。

フィルムが綺麗に貼れない、フィルムが汚れる、などが液晶保護フィルムの難点。
スマホ本体に曲面ガラスが採用される傾向が多くなるこれからは、ガラスによる液晶保護が主流に。

スマホや携帯購入時には「画面を汚すのを防ぐ」「指紋が着くのが気になる」「傷つくのを防ぐ」という意味で多くの方が液晶保護フィルムを貼っています。あるアンケート結果によると実に87%の方が保護フィルムを貼っているそうです。

ところがこの液晶保護フィルム、難点はとにかく貼りづらいこと。空気穴が入ってしまったり、真っすぐ貼ることができずにズレテしまったり、フィルム自体が汚れてしまったりと、実は結構課題を抱えているのが現実。

それも、液晶保護フィルムに替るものがなかった時代の話。これからは、フィルムに替ってガラスで画面を保護するというのが主流になるかもしれません。

というのも、ガラスによる液晶保護は液状タイプなので、画面に数滴垂らして布などで伸ばすだけという非常に簡単なもの。液体を薄く延ばし乾燥させることによってガラスに変化し、画面を守ります。

それでいて、「画面が綺麗」「光沢感が増す」「指紋がつきにくい」「すべりが良くなる」など、良いことづくめ、本当におすすめ、画期的な液晶保護剤といえます。

さらに、ガラスによる液晶保護、極めつけは「傷がつきにくい」こと。

例えば、ガラス液晶保護剤「スマピカ」を例にとると、日本塗装工業検査協会でのひっかきテストで「鉛筆硬度テスト9H」に近い数値。これは同テストでのほぼ最高値といえるもので、日常生活程度では非常にキズがつきにくいことを表しています。

さらに、ガラスコート剤の場合、保護フィルムと違って「重ね塗り」が出来ることも魅力的。硬度・強度に不安がある場合には、重ね塗りすることで、さらに硬度が強化されます。もちろん、フィルムと違って重ね塗りしても画面がぼやけたり、くすんだりすることもありません。

これから各メーカーの端末は曲面ガラスを採用してくる傾向が強いとされています。実際「GALAXY Note Edge」「IPhone6」などには曲面ガラスが採用されており、ますますガラスによる液晶保護が主流となる、といのが大方の見通しです。

液晶保護、これからはガラスで守る時代。せっかくの液晶画面、傷つけず、さらに美しさを維持するためにも、おすすめです。

【スマートフォンやタブレットの液晶保護 スマピカ】
●成分 フッ素系ポリマー素・ポリマー繊維素・セルロース繊維素・酸化チタン
●内容量 3cc
●パッケージサイズ 180×83×18mm
●重さ 15g

人気の記事

  1. デニムの裾の長さを調整できるピン
  2. フレッシュマックスシャツってご存知ですか?汗っかきの方は必見です。
  3. LED充電式折りたたみ デスクライトアラーム付 -wood-(プリズメイト)
  4. CCTタオルは学校でもお使いいただいています
  5. ビューティーシェイプ ストレッチャー(イモタニ)

アーカイブ

PAGE TOP