冷えるタオル 人気ランキング

冷えるタオル、人気ランキングで1位を獲得した理由。

熱中症対策には、とにかく身体を冷やすこと。冷やすか所は3ヵ所。そして、急激に冷やさないこと。

梅雨明けから続く連日の猛暑。昨日は神宮球場で行われていた高校野球を観戦中の方が熱中症の症状で運ばれたなど、全国各地から熱中症のニュースが相次いでいます。

ここまで気温が高いと、外出は陽射しの一番強い正午前後から午後3時頃までは避けたいところ。とはいえ、そうも言ってられない方には、万全の熱中症対策が必須です。

しっかり睡眠をとること。
身体に疲労を蓄積させたまま、というのはこの暑さの中、非常に危険です。就寝前にはぬるめのお風呂に浸かり、身体をリラックスさせ、室内を適切な温度に保ち、質の良い睡眠がとれるように心が毛ましょう。

水分をしっかり採ること。
熱中症対策において「喉が渇いてから水分を採る」は、タイミングとしては遅い、というのは結構知られていません。

熱中症の原因となる脱水症状による喉の渇きは、初期では感じないものです。逆に、身体が熱く、喉が渇いたと感じたら危険な状態になっています。とにかく、喉が渇いたと感じていなくても、こまめに水分を補給しましょう。

この際、飲み物にも注意が必要です。アイスコーヒーやエナジードリンクなどカフェインが多く含まれているものは利尿作用があるので、逆効果になる恐れがあります。

当たり前ですが、アルコール類もだけ。ビールが美味しいのも判りますが、水やお茶、スポーツ飲料を選びましょう。

身体を冷やすこと。
エアコンなどで適切な温度に保たれているところにいる、というのが一番の理想ですが、生活していく上ではそうもいっていられません。

暑い中にいなければならないときには、身体を冷やせるものを携帯しましょう。冷えるタオルなどでいつでも身体を冷やせる準備をしておくことが重要です。

そして、冷やす場所は、「首の脇(後ろではありません)」「腋の下」「鼠蹊部(股関節付近)」の3ヵ所。

この3ヵ所を通る血管を冷やしてあげることで、全身にその効果が及び、身体の熱を下げてくれます。

身体を冷やすための冷えるタオル。CCT冷感タオルが人気ランキング1位を獲得した理由。

熱中症対策には身体を冷えるタオルなどを使って身体を冷やしましょう、というお話はしましたが、実は、ここで気をつけたいのが、冷やす温度。

体感としてはキンキンに冷えたタオルを当てたいところですが、実はこれはおすすめできません。というのも、急激に冷たい刺激を与えることで「寒冷刺激」というものが起きて、汗が身体からでなくなってしまいます。

身体の熱を外に逃がすための汗にもかかわらず、急激に冷やすことで、脳が汗を出すことを止める指令を出してしまいます。ですので、やさしく冷やしてあげる、ということが大切です。

数ある冷えるタオルの中で、CCT冷感タオルがなぜおすすめか、なぜ人気なのかは、この点にあります。

CCT冷感タオルは、水だけを使用し、気化熱で生地が冷える仕組みを採用しているため、「やさしい」ヒンヤリ感を持続させることができます。

肌触りもゴワゴワしておらず、ソフトであるため、小さなお子様から年配の方まで幅広い年齢層の方にお使いいただける点も、人気の理由の一つ。

適切な対策をとって、暑い夏を乗り切りましょう。

CCT冷感タオル公式サイトはこちらから>>
お買求めはCCT冷感タオル公式ストアで>>
楽天市場でお買い求めの方はこちらから>>

CCT公式ストアへ

人気の記事

  1. フレキシルズ クレヨン 5色(flexcils)
  2. Ta-Da Chair[ターダチェア](アロン化成)
  3. 代償性発汗をお持ちの方からの感想
  4. eRemote mini(イーリモートミニ・リンクジャパン)
  5. ローラー エッセンシャル

アーカイブ

PAGE TOP