子どもの紫外線対策

まだまだ強い紫外線。こども達を紫外線から守ろう。

夏休み後半戦。紫外線は容赦なくこども達に降りかかります。将来のことを考えて周囲の大人が気を遣ってあげたいもの。

こども達の夏休みも折り返し。宿題のことは置いておいて、毎日遊びに忙しい時期です。笑顔ではしゃぎまわっているこども達を見るのは、微笑ましいもの。

とはいえ、未来あるこども達、周囲の大人が気を遣うべきはこども達に降りかかる紫外線。6月から強くなりはじめ、10月頃までは十分に注意が必要です。

紫外線に対しては世界的に対策、予防が活発になってきており、その点、日本はまだまだ遅れているといった印象です。

実際に、オーストラリアなどではキッズ用の水着については男子でも上半身を覆うものだったりが、主流になりつつあります。

というのも、オーストラリアでは近年皮膚がんが増加傾向にあり、その原因が幼少期に浴びた紫外線であることが多い、という研究結果が発表されたりしています。

もちろん、これはこども達だけに限ったことではなく、成人に対しても日焼けマシンの商業利用が禁止されたりしていることからも、国をあげて紫外線の対策に取り組んでいることが判ります。

海やプールへ行く際に塗る日焼け止め。塗り直しのタイミングなどをしっかりと計ることが重要です。

紫外線に対する危険性は判ってはいるんだけれど、では実際どうすればよいのか、ということになります。

もちろん、夏でも海やプールで遊ぶな、というわけではなく、太陽光にしっかりと当たることも重要です。

気をつけたいのは、日焼け止め。朝、海に入るときやプールに入る前に塗れば、一日大丈夫と思っている方が実は結構多く、でも、それは実に危険なこと。

日焼け止めは、太陽光や紫外線に当たることで、塗った瞬間から効果が薄れてくるもの。紫外線を受けた量によっては、塗り直しが必要です。

ただ、それがなかなか判りづらく判断のしようがない、というのがこれまでの問題でした。

そこで、受けた紫外線量を計測し、日焼け止めの効果を加味して、その塗り直しのタイミングを教えてくれるというリストバンドが「UVサンセンス」という紫外線対策グッズ。

このUVサンセンス、使い捨てタイプになっており、身体に塗る日焼け止めと同じものをリストバンドに塗ることで、日焼け止めの効果が落ちてきたこと、塗り直しのタイミングを教えてくれます。

しかも、リストバンド自体の色が変化することでその警告を発してくれるので、非常に見やすいのも大きな特徴。

残りの夏、まだまだ紫外線の強い秋、UVサンセンスで、こども達を紫外線から守りましょう。

UVサンセンス リストバンド 楽天市場でお買い求めの方はこちらから>>

人気の記事

  1. CCTチルチューブ
  2. キッズ用ラッシュガードスーツは、浮き具のついたスイムセーフがおすすめ。
  3. ブラックボードシート
  4. ボタンつけに困ったら、このアイテム。
  5. SDカード録画式センサーカメラ SD1000(リーベックス)

アーカイブ

PAGE TOP