ペイントペン

素材を選ばないペイントペン、色の鮮やかさが人気です。

柔らかい素材、例えばシューズなどにも使えて、仕上がりも色鮮やか。究極のペイントペン、ボードスティックス。

写真は、シューズにオリジナルでペイントしたもの、とそれに使用したペイントペン、ボードスティックス。このボードスティックスは、素材を選ばない、何にでも描けるペイントペンとして人気急上昇中。

なぜ、数あるペイントペンの中でボードスティックスが、なぜ人気なのかというと、その理由は「仕上がりの色」にあります。

確かに素材を選ばず何にでも描けるペンは数多く販売されていますが、それらに共通するのが、綺麗な色で仕上がらない、思い通りの色にならない、ということ。

何を隠そう、このボードスティックスの開発者は「色」にこだわったペイントペンを作りたくて、事業を起こし、ブランドを開発してきました。

元々サーフボードに絵を描いたり、ペイントしたりすることが趣味であった彼は、世界中のありとあらゆるペンを探し、試してみたものの、どれも満足のいく色が出ずに、途方にくれていました。

そこで思いついたのが、ならば自分でペンを作ればいいじゃないか、ということ。そこから、ペンに関する研究、インクやその量、ペン先の素材など、あらゆることにこだわり出来上がったのがボードスティックス、というわけです。

日本でもフアンが多いボードスティックス。アーティストをして「まるで絵の具のような塗り心地」と高評価。

ボードスティックスが商品化されると直ぐに、開発者の趣味でもあったサーフ業界にそのペンの良さは評判を呼びます。

多くのボーダーがボードに自分でペイントすることが流行りつつあったこともあって、瞬く間にボードスティックスは広がります。

このサーフ業界から、スノーボードやスケートボード、マウンテンバイクなどのアクティブスポーツ界へ、さらに、ガラスや楽器、そして何にでもその威力を発揮するペンとしての地位を確立しています。

日本での発売も3年目を迎え、そのフアンを着実に増やしています。あるアーティストをして「まるで絵の具のような塗り心地で、最初にその発色を見たときには驚いた」と言わしめたほど。

綺麗な色に仕上がるペイントペンをお探しなら、ボードスティックス、おすすめです。

ボードスティックス・ペイントギャラリーはこちらから>>

ボードスティックス公式ストア

人気の記事

  1. ブラジリアンワックス 自分で脱毛
  2. ブラジリアンワックス
  3. スマート印鑑(アンディ)
  4. フレッシュマックスが日刊SPA!で紹介されました。
  5. プラフレンドで作った作品。

アーカイブ

PAGE TOP